まなび

わかりやすい看護用語まとめ

恋愛がきっかけで発症するケースも。出血するほど止められない手洗い。強迫性障害とは?

2019/1/9

強迫性障害 読み方:きょうはくせいしょうがい

強迫性障害(きょうはくせいしょうがい)とは?

分かりやすいもので、数時間も止められない手洗い。潔癖症というレベルを超えたものをいう。本人自身は不合理だと自覚しているのに止められない。また、ある考えにとらわれてしまう強迫観念(手が汚れているかも)という症状から始まり、その強迫観念を打ち消すために行われる強迫行為(手洗い)というふたつの症状を主体とした疾患。 不安障害のひとつに分類されており、いくつか種類がある。  

強迫性障害の種類

不潔恐怖

最も多いのがこのタイプ。汚れに対して異常なまでの反応を示す不潔恐怖、それを打ち消すための長時間の清潔強迫(手洗い、入浴など)。

縁起強迫

例えば、右足から家を出ないと不吉なことが起こる、死を連想する「4」を異常なまでに避けるなど。その「4」を避けるために、料理で野菜を切った個数や、4個入りの食品を買わない。

不完全恐怖

書類のミスを恐れ何度も確認するため提出が遅れる。家事や買い物など異様に時間がかかる。

収集癖

 

この続き(検査・治療方法)は会員登録をすると見ることができます。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、続きは↓2ページ目↓で
1 2

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

検索