まなび

わかりやすい看護用語まとめ

「幸せホルモン☆」とは一概には言えないセロトニン。実は怒りや不安も引き起こす!

2019/2/8

セロトニン 読み方:せろとにん

セロトニンとは

心のバランスを整える作用がある神経伝達物質。セロトニンが減るとうつ病になると言われているが、まだ仮説段階でそれを確証した研究報告はない。ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑えるはたらきがある。

脳にあるのは少し

うつ病と関連していることから「セロトニンは脳に存在している」と思われがち。しかし以下の割合を見れば一目瞭然。

  1. 腸内:90%程度
  2. 血液中:8%程度
  3. 脳内:2%程度

脳内にはたった2%しか存在しない。ちなみに体内に存在するセロトニンをかき集めても10mgぐらいにしかならない。

塩でいうと100粒ぐらい(塩ひと粒0.1mg)
お米でいうと0.5~1粒ぐらい(米ひと粒20mg)

実は不安や恐怖を引き起こす

セロトニンが増えたからと言って、一概に「幸せになる」とは言えない。実は…

 

この続き(検査・治療方法)は会員登録をすると見ることができます。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、続きは↓2ページ目↓で
1 2

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

検索