まなび

わかりやすい看護用語まとめ

止められない手洗い、鍵の確認etc…強迫性障害の主症状、強迫行為とは?

2019/1/9

強迫行為 読み方:きょうはくこうい
強迫行為とは不快な強迫観念を打ち消したり、振り払うための行為。しかし打ち消せないために、その観念に従ってしまう行為。

例「戸締りしたっけ?」

鍵をかけたか確認するため、何度も帰宅してなかなか外出できない状態

例「汚いものに触ったかも」

手を何回洗っても、まだ不潔ではないかと気になり何時間も手洗いをする

例「今、誰か轢かなかった?」

運転集の些細な音に反応し、車を降りて誰か轢いてないか確認する。轢いたと思った場所まで戻って何度も確認する。

 

無理矢理やめさせるとどうなるの?

これらの行動を止めればいいと思う人は多いが、無理に抑えようとすると強い不安が起こり、結果的に強迫行為を悪化させる。

 

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

検索