まなび

第107回看護師国家試験対策

国試で問われる検査値をチェック!

2018/1/31

【受験生必携!】看護師国家試験対策アプリ

過去11年分の看護師国家試験の問題から、検査値の理解が問われる問題をまとめて出題します。
実力チェックにぜひ挑戦してみてください。
※ナース専科の国試対策アプリで過去に出題した一斉模試の問題を公開しています。

検査値問題 20問


【問題文】

Aさん(61歳、男性)は、水分が飲み込めないため入院した。高度の狭窄を伴う進行食道癌(advanced esophageal cancer)と診断され、中心静脈栄養が開始された。入院後1週、Aさんは口渇と全身倦怠感を訴えた。意識は清明であり、バイタルサインは脈拍108/分、血圧98/70 mmHgであった。尿量は1,600 mL/日で、血液検査データは、アルブミン3.5g/dL、AST〈GOT〉451U/L、ALT〈GPT〉401U/L、クレアチニン1.1mg/dL、血糖190 mg/dL、Hb 11.0g/dLであった。
Aさんの口渇と全身倦怠感の要因として最も考えられるのはどれか。

1.貧血
2.低栄養
3.高血糖
4.腎機能障害
5.肝機能障害


【問題文】

Aさん(57歳男性)は肺癌で放射線治療後、放射線肺炎を発症し、1か月半前から副腎皮質ステロイドにより治療中である。2日前から38.0℃の発熱と頭痛が出現し、検査の結果、前頭葉に膿瘍が認められた。現在のAさんの血液検査データは、白血球12,000/ul,空腹時血糖101mg/dl、HbA1C5.9%、CRP4.6mg/dlである。膿瘍の発症に関与した副腎皮質ステロイドの副作用はどれか。

1.糖尿病
2.易感染
3.高血圧症
4.創傷治癒遷延



【問題文】

35歳の男性。震度6強の地震発生36時間後、がれきの下から救出され、病院に搬入された。長時間大腿部が圧迫されていたため、下肢に知覚・運動障害を認めたが、意識は清明で呼吸と循環動態とは安定していた。入院後、両下肢が著しく腫脹し、赤褐色尿を認め、全身状態が急速に悪化した。血液検査で血清クレアチニンキナーゼ値(CK)と血清カリウム値が急激に上昇した。最も考えられるのはどれか。

1.PTSD
2.深部静脈血栓症
3.ネフローゼ症候群
4.挫滅症候群(クラッシュシンドローム)


【問題文】

ペースメーカー装着患者における右心室ペーシング波形の心電図を別に示す。心電図の記録速度は通常の25 mm/秒であり、矢印で示した小さなノッチがペースメーカーからの電気刺激が入るタイミングを示している。心電図波形によって計測した心拍数で正しいのはどれか。

1.30/分以上、 50/分未満
2.50/分以上、 70/分未満
3.70/分以上、 90/分未満
4.90/分以上、99/分以下



【問題文】

50歳の男性。事務職。飲酒は缶ビールを350ml/日。特定健康審査でLDLコレステロール156mg/dl、HDLコレステロール35mg/dl、中性脂肪200mg/dl。他の検査項目に異常はない。 食事指導で適切なのはどれか。

1.飲酒の禁止
2.食物繊維摂取の推奨
3.動物性脂肪摂取の推奨
4.植物性蛋白質摂取の制限


【問題文】

Aさん(60歳、男性)は、胃癌の手術目的で入院した。大動脈弁置換術を受けた既往があり、内服していたワルファリンをヘパリンに変更することになった。確認すべきAさんの検査データはどれか。

1.PT-INR
2.赤血球数
3.白血球数
4.出血時間
5.ヘモグロビン値


【問題文】

貧血がなく、体温36.5℃、血液pH7.4の場合、動脈血酸素飽和度(SaO2)90%のときの動脈血酸素分圧(paO2)はどれか。

1.50Torr
2.60Torr
3.70Torr
4.80Torr



【問題文】

血液中の総ヘモグロビンに対する酸素化ヘモグロビンの割合を表すのはどれか。

1.酸素飽和度
2.動脈血酸素分圧
3.ヘマトクリット値
4.ヘモグロビン濃度



【問題文】

34歳の男性。運送会社で配達を担当している。6ヶ月前の職場の健康診断で、血圧142/90mmHg、尿蛋白(2+)、尿潜血(2+)を指摘されたが放置していた。1週前、風邪症状の後に紅茶色の尿がみられたため内科を受診した。血清IgAが高値のため精査が必要となり入院した。 仕事が忙しくなり、退院後は一度も受診せずに2年が経過した。2ヶ月前から疲れやすくなったが、仕事のせいだと思い放置していた。1週間前から息切れ、食欲不振、および浮腫が出現し、昨日から眠気と嘔気および嘔吐とがあり外来を受診した。体温36.5℃。脈拍数98/分。血圧238/112mmHg。血液検査で尿素窒素100mg/dl、クレアチニン12.0mg/dl、Hb7.1g/dl。胸部エックス線写真で心拡大と肺うっ血とが認められ入院した。 直ちに行われるのはどれか。

1.輸血
2.血液透析
3.利尿薬の内服
4.胸腔ドレナージ



【問題文】

Aさん(65歳、男性)は、右下葉の肺癌(T3N2M0)と診断され、抗癌化学療法(シスプラチン+エトポシド)1クール4日間を4クール行うことになった。入院時のAさんは、体温36.2℃、呼吸数18/分、脈拍72/分、血圧124/74mmHgであった。経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉は98%で、咳嗽が時々みられるが、痰の喀出はなく、胸部の聴診にて副雑音はない。Aさんの血液検査の結果は、白血球5,600/μlアルブミン3.7g/dl、CRP0.3mg/dlであった。Aさんは20歳のころから毎日20本の煙草(たばこ)を吸っていたが、60歳のときに禁煙した。 Aさんの入院時の状態で正しいのはどれか。

1.喫煙指数(ブリンクマン指数)は60である。
2.肺炎の徴候がみられる。
3.低栄養の可能性がある。
4.リンパ節転移がある。



【問題文】

低値によって脂質異常症と診断される検査項目はどれか。

1.トリグリセリド
2.総コレステロール
3.低比重リポ蛋白コレステロール(LDL-C)
4.高比重リポ蛋白コレステロール(HDL-C)



【問題文】

糖尿病の血糖コントロールの指標となる検査値はどれか。

1.総ビリルビン
2.総コレステロール
3.グリコヘモグロビン
4.クレアチニンクリアランス



【問題文】

術前の検査値で創傷治癒の遅延因子となるのはどれか。

1.血清アルブミン低値
2.血清総ビリルビン低値
3.糸球体濾過値〈GFR〉高値
4.動脈血酸素分圧〈Pa02〉高値



【問題文】

Aさん(16歳、女子)は、両親と弟と4人で暮らしている。中学生の頃からモデルにあこがれてダイエットを始めた。高校に入ってからは、太ることへの恐怖から食べた後に吐いたり、緩下薬を服用することも多くなった。次第にやせが顕著になり、無月経となった。Aさんの状態を心配した母親に伴われ、心療内科を受診し、医師から入院治療を勧められ、Aさんは入院した。入院時、Aさんの身長は162cm、体重は36kg、体温35.0℃。血圧90/60mmHg。脈拍56/分、不整。血液検査で最も注意すべきデータはどれか。

1.尿酸
2.血清カリウム
3.中性脂肪
4.HbA1c



【問題文】

白血球減少症で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.好塩基球数は増加する。
2.EBウイルス感染によって起こる。
3.白血球数が3,000/μL以下をいう。
4.好中球減少症では細菌に感染しやすくなる。
5.無顆粒球症は単球がなくなった病態をいう。



【問題文】

脂肪分解の過剰で血中に増加するのはどれか。

1.尿素窒素
2.ケトン体
3.アルブミン
4.アンモニア



【問題文】

血中濃度が上昇すると黄疸となるのはどれか。

1.グルコース
2.ビリルビン
3.クレアチニン
4.総コレステロール



【問題文】

無尿の定義となる1日の尿量はどれか。

1.0mL
2.100mL未満
3.400mL未満
4.700mL未満



【問題文】

成人の正常尿で正しいのはどれか。

1.尿比重が1.025である。
2.排尿直後は無色である。
3.1日尿量は400 mlである。
4.排尿直後にアンモニア臭がある。



【問題文】

正常な胃液のPHはどれか。

1.PH1~2
2.PH4~5
3.PH7~8
4.PH10~11



お疲れ様でした!
20問中何問正解できましたか?


12年分の過去問が無料で解ける!

過去問12年分をアプリで解こう!
無料でできて、重たい参考書も不要!

appstore google-play

関連記事一覧

  1. 徹底分析シリーズ一覧

第107回看護師国家試験対策の新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索