エッセイ

ナースのちょっとイイ話

患者さんの背景は関係ない!そうベテランナースが考える理由

2018/9/29

患者さんの職業が看護師だと、思わず構えてしまうことはありませんか?
今回は、ベテランナースである、なみ さんからいただいたエピソードをご紹介します。

 

どんな背景であっても、ただの「患者さん」

誰でもそうだと思うのですが、「患者さんが看護師」だと構えてしまう事がありますよね。

私もそうでした。

でも、何人もの「看護師の患者さん」を担当するうちに、看護師という背景を持った”ただの患者さん”である事が分かり、構えずに関る事が出来るようになりました。

こちらが構えることで、患者さんも構えてしまう

あの患者さんは、看護師だから…とこちらが構える事で、患者さんが”患者”としてではなく”看護師”として入院生活を送らなければならないとしたら、その患者さんにとってはとても大変なこと。

何度も経験を積むうちに、対どんな患者さんであっても、その人が「患者としての辛さや悩みをキチンと表出できる」ような看護をすることが大切である事が、よくわかるようになりました。

 

後輩の指導をしていると、「なぜわからないのだろう」と思ってしまうこともあります。
でも、「経験を積むことでわかることもある」。経験を積むということの”大きさ”を改めて教えていただけた、なみさんのエピソードでした。

●執筆● なみ  さん
あなたのストーリーも教えてください!「ナースのちょっとイイ話」でご紹介させていただきます。 ご参加は こちら から。

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは表示されませんのでご注意ください(スパム対策)

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索