ナースエッセイ

エッセイ

ナースのちょっとイイ話

OLだった私が看護師になったワケ

2014/10/2

テーマ:目指せ!認定看護師

アラフォーで認定取るぞ!

一般企業でOLしてました。
JU085_72A

毎日それなりに仕事もプライベートも充実してました。

ある日のこと、親が倒れ救急車で運ばれたと職場に電話がかかってきました。朝はいつも通り元気だったのに何故、驚きと不安でいっぱいでした。病院へつき受付にどの病室か聞くと、少々おまちくださ~い、とやる気のない返事。
不信感を抱きつつも待つことに。数分後、検査室にいます~、と。初めて訪れた病院なので場所を聞いたら嫌な顔された。その後、病室に案内され医師が馬鹿にした態度で病状、治療方法を説明。すごく不快でした。
数日後、副作用でうつ病を発症したら、精神科ないから出て行け!ありえないことばに耳をうたがいました。後でわかったのですが、その地域は救急病院が一つしかなく、評判が悪かったようです。

病気で不安なのになんで追い込むようなことを言うんだろう。私だったら絶対にそんなことしないのに。そう思い、一念発起で看護学校へ。
何科に働きたいのかは全くわからず学生時代を過ごしました。就職活動するとき、患者と家族の思いをとどけたいことを担任へ伝えたら、緩和ケアの認定看護師目指してみては?とすすめられました。確かに私の思い描く看護師像であふので、緩和ケアの認定看護師を支援している病院へ就職しました。今はまだ業務になれず手一杯な毎日ですが、日々の患者さんとの関わりを大切にしています。

知識、技術をみにつけ、信頼される看護師、いずれば緩和ケア認定看護師になれるよう頑張ります!

●執筆●ねこさん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。 あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

関連するキーワード

検索