1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 先輩看護師から好かれる髪型、敬遠される髪型

先輩看護師から好かれる髪型、敬遠される髪型

  • 公開日: 2019/8/14
  • 更新日: 2019/9/17

 

学生時代の頃から、看護師は「髪型」について指導されます。筆者が学生の頃はナースキャップのかぶり方を指導されましたが(もう10年以上昔です・・・)、髪型をどうするか、は新人看護師さんにとって悩みどころの一つだと思います。そこで今回は、指導役経験のある筆者が新人看護師さんの「髪型」についてお話します!

 

先輩から敬遠される髪型は、こんな髪型

指導役として、後輩の髪型についてどこを見ているか、まずはそこからご紹介します。

清潔感がない髪

まず医療従事者として見るポイント、それは「清潔感」です。髪そのものが不潔であることは論外なのですが、意外とこの「清潔感」のある髪型が守れていない方が一定数、います。疲れてしまい、ついシャワーも浴びずに寝てしまった・・・という経験は、新人の方なら誰しも1度は経験があることだと思います。

看護師の場合、多くの方が髪型をまとめるために整髪料をつけていますが、これがリセットされないままの状態で次の日出勤してしまうと、とても不潔に見えてしまうので、注意が必要です。医療従事者として、まずはこの「清潔感がある髪型かどうか」をもう一度チェックしてみてください。

髪をまとめる装飾が派手

髪型と同じくらい実は注意が必要なもの、それが「ヘアゴム」です。「髪をまとめる装飾くらい、好きなものをつけさせてほしい」と思った方も多いかと思いますが、患者さん側から見たとき、華美な装飾がついていると、あまり良い気分がしません。そもそも、病院に入院されている方の多くは、常に不安と戦っている状況です。

実際に筆者も体調不良にて入院した際、蛍光ピンクの装飾で髪をまとめていた看護師さんに対し、「そんな気分じゃないよ・・・」と良い印象を持ちませんでした。第一印象は、それから先の人間関係を形成する上でとても大切です。派手な装飾をしているというだけで第一印象を悪くしてしまうのは、もったいないともいえます。

お団子の位置が頭の高い位置にある

ほとんどの病院でナースキャップが廃止されたことで、以前に比べると髪型も自由になりました。しかしここで注意したいのが「お団子ヘア」です。お団子の位置によっては患者さんの移乗時に患者さんへ当たってしまう可能性があります。

特に頭の高い位置に大きなお団子を作る髪型は、屈んだ時に患者さんに当たる確率が高いため、オススメできません。「お団子にすれば大丈夫」ではなく、ぜひお団子をつくる位置にも注意してみてください。

 

髪型を決める際、ここをチェックしておこう!

敬遠される髪型についてご紹介したところで、髪型を決めるにあたりぜひ心がけておきたいことをご紹介します。敬遠される髪形をしないだけでなく、以下のことにも気を付けてみてください。

就業規則をまずは確認する

髪型を決めるにあたり、まず確認したいのが「就業規則」です。就業規則の中には、髪の色や髪をとめる装飾品などについて、細かく規定があります。就業規則を守った髪型をするということは、その職場で働く職員として当然なことであり、患者さんや周囲の方を不快にしないためには必要なことです。

しかし、中には「こんなことも決まっているの!?」というものもあります。 例えば、「髪をまとめるゴムの色は黒か茶色」と校則のように決まっていることもありますし、お団子などで髪をまとめる位置を細かく決めていることもあります。そうしたことも含め、ぜひもう一度、就業規則を確認してみましょう。

先輩を参考にしない

就業規則を確認していると、「あれ?先輩たちもこの規則を守っていないのでは?」と思った方もいるかと思います。確かに先輩方の中には、そうした就業規則を守れていない髪型をしている方もいらっしゃいます。中には、「看護師としてその髪の色はいいの…?」と思ってしまうような先輩もいると思います。

しかし、です。ここで大切なのは「先輩と新人である自分は違う」ということです。就業規則を守っていない髪型・髪色であるということは同じであっても、先輩と自分では、職場での経験と周囲の評価が違います。新人看護師さんが規則外のものをしてしまうのと、先輩が同じことをしてしまうことでは、評価が全く変わってしまうのです。

「なんで先輩だけ」と思うかもしれませんが、先輩は長い時間をかけて、周囲からの信頼をかちとった上で今の髪にしているということを、忘れてはいけません。

カツラは避けた方が無難

看護師として働くには、髪色についてもルールがあるため、中には金髪や派手な髪色にしてしまい、仕事中だけカツラをかぶって仕事をしている、という強者もいます。しかし、カツラをかぶりながら仕事をしていることは、周囲にほぼバレています。

実際に筆者は過去に働いていた職場で、患者さんの移乗介助中にカツラがとれてしまい、金髪姿を患者さんに見られてしまったことで、クレームになってしまったスタッフがいました。せめて新人として働いている間は、カツラは避けたほうが無難だと考えます。

 

自分の評価をあえて下げるようなことは避ける

新人時代は、周囲の先輩方から様々な指導を受けながら成長する大切な期間です。そうした指導を受けるにあたり、髪型や髪の色で自分の評価を下げてしまうのはとてももったいないことだと感じています。自分であえて評価を下げるようなことをしないというのも、これから先、かわいがられる後輩になるためには必要なスキルだと思います。

 

この記事を書いたのは

山村 真子

看護師として働きながら、ライターの仕事もしている、アラフォーママナース。看護系以外にも、育児や病気、介護など幅広い分野の執筆を行っています。時短勤務中だが、毎日定時に帰れるはずもなく、保育園の送迎はいつもギリギリなのが最近の悩み。

イラスト・Ayumi-chan

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

新人ナースのサバイバル術の新着

早く帰りたい!先輩から「残業」を言い渡されたときの対処方法

「働き方改革」が提唱されている昨今ですが、看護師の職場はその仕事内容ゆえに残業が多くなりがちです。 しかも、先輩ナースの中には残念ながら「新人だから」という理由で、“新人が残業しない”ことについて快く思っていない人が一定数います。そこで今回は、早く帰りたいのに先輩から残業を...

2019/7/22

今から憂鬱・・・苦手な先輩と一緒の<2人夜勤>

病棟看護師として、避けては通れない「夜勤」。その夜勤での働き方を左右するのは、一緒に夜勤をするメンバーではないでしょうか?今回は、苦手な先輩と一緒の夜勤について、お話したいと思います。   苦手な先輩との夜勤、「あるある」 苦手な先輩との2人夜勤にお...

2019/7/20

あとからでてくる夜勤のツケ!若いうちからの夜勤の過ごし方がカギ

私は、実は若いころにしか夜勤を経験していません。(夜勤なしの病院に転職したのです)しかし、若くてもすでに、夜勤をすることでマイナートラブルを感じていました。 末永く交代勤務をこなそうと考えている方は、若いうちから「上手に夜勤を過ごす工夫」を覚えることが大事だと思います。夜勤...

2019/7/19

どうする?どうなる?看護師の「有給取得」

病院をはじめとした看護師の職場では、「普通の休暇ですらなかなかとりにくいのに、有休なんて夢のまた夢・・・」というケースも少なくないのではないでしょうか。しかし・・・2019年4月の法改正により、「有給休暇(有休)取得が義務化」されているんです。 1年で5日間“有給”...

2019/7/17

辞める前に再考して!効率よく働けたら残業は減る

ただでさえ3交代や2交代で勤務が不規則なのに、残業まであっては身体が悲鳴をあげても無理はありません。辞めてしまおうかな・・・そんなふうに思っている新人ナースの方!少し仕事の進め方を見直してみませんか? 仕事の質は落とさず、仕事の進め方を見直してみるだけで、残業時間が少なくな...

2019/7/15