1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. あとからでてくる夜勤のツケ!若いうちからの夜勤の過ごし方がカギ

あとからでてくる夜勤のツケ!若いうちからの夜勤の過ごし方がカギ

  • 公開日: 2019/7/19
  • 更新日: 2019/8/9

 

私は、実は若いころにしか夜勤を経験していません。(夜勤なしの病院に転職したのです)しかし、若くてもすでに、夜勤をすることでマイナートラブルを感じていました。

末永く交代勤務をこなそうと考えている方は、若いうちから「上手に夜勤を過ごす工夫」を覚えることが大事だと思います。夜勤が原因で体調を崩してしまうナースも少なくないので、そうなってしまう前から意識しておきましょう。

 

夜勤が原因のよくあるトラブル

ケース1:夜勤後に出現するマイナートラブル

私自身の経験ですが、夜勤をすると必ずといっていいほど口内炎ができていました。もともと、口内炎ができやすい体質ですが、できては治る、また夜勤後にできるという繰り返しでした。

同様に、便秘も夜勤後によく起こったトラブルです。快調だと思っていたら、夜勤で調子が崩れてしまうのです。便秘になると、ニキビができたり、乾燥したり、お肌の調子も悪くなったのも覚えています。

ケース2:夜勤による精神的ダメージ

夜勤になると、患者さんの数は同じなのにナースの数だけ極端に少なくなります。だって寝ているから…と言われそうですが、重症患者さんには朝も昼も夜もありません。不穏で寝ない患者さんだっています。

そう考えると夜勤時の業務の幅はかなり広いといえます。それを自分1人で対処しなければいけないわけですから、身体的だけでなく、精神的にも疲労困憊していました。

ケース3:夜勤が原因による月経異常

夜勤をすると、ホルモンの分泌が崩れやすいといわれています。それが原因でよくあるトラブルが月経異常です。シフトの仕事をしている女性に多いトラブルの1つといえます。痛みや発熱といった症状がないとついつい放置してしまいがちですが、のちに大きな問題として浮上することもあるので、気をつけないといけません。

 

・・・“よくあるマイナートラブル“ではないかもしれませんが、もう1つ気をつけたいのはうつ病です。夜勤によって体内時計が狂ってしまうと、うつ病を発症しやすいといわれています。病気が深刻になると、休職や退職も考えないといけなくなるため、気をつけたいところです。

 

夜勤が原因の身体トラブルを軽減させるためにできること

できる限り日勤のペースを守る

3交代か2交代の勤務をしている場合、週に1~2回のペースで夜勤をこなす、というのが一般的になると思います。交代勤務だと目まぐるしくリズムが変わり、体調を壊してしまいがちです。

よって、夜勤の前後でも、できるだけ日勤の生活リズムを守ることが体調を崩さないコツになります。若いと多少の無理がきくので、夜勤明けにショッピングや映画に行ったり、家の片づけをしたりする人もいますが、そのような癖をつけてしまうのはよくありません。夜勤後はできるだけ早くに身体を休めて、昼過ぎには起きるのがベストです。夜勤明けを楽しみたい人は身体を休めた後にしましょう。

夜勤明けの仮眠室利用

勤務先に仮眠室が準備されているところが多くあると思いますが、夜勤明けに利用している人は案外少ないのではないでしょうか。自分の寝具で休む方がゆっくりできるので、自宅で休もうと考えるのも理解できます。

しかし、夜勤明けは「太陽の光を浴びる前に数時間休む」ことが体内時計には良いのです。帰宅時に太陽の光を浴びることで、身体が朝だと認識してしまい、眠りにつきにくくなってしまいます。夜勤明けに家に帰ってもなかなか寝られない、という人には特に仮眠室を利用してほしいです。

また反対に、夜勤後にあまりにぐっすり眠ってしまうと、その日の夜の睡眠に影響が出る恐れもあります。その点についても、仮眠室を利用することで防止できます。

帰宅しないといけないという思いがあるので、寝過ぎてしまうことは少ないでしょう。昼過ぎには病院を出て、その日最初の太陽の光を浴びることで、身体は混乱しません。それだけ体内時計が狂いにくいといえます。

夜勤中の仮眠は30分程度に

夜勤中の仮眠は、長くとり過ぎるのはよくないといわれています。実際、仮眠を長めにとったときに体が重く感じて、その後の仕事がしんどく感じたことがありませんか?短い仮眠だと睡魔に襲われて大変…という人はコーヒーといったカフェインで乗り切るようにしましょう。

ただし、夜勤終了2~3時間前のコーヒーは控えたほうが無難です。仕事終わりに眠れなくなってしまうかもしれませんから。

 

夜勤が原因で病気を発症するとナースを続けられなくなることも

ナースはシフト勤務を余儀なくされることが少なくありません。まして新人として病院勤めを始めたばかりであれば、ほとんどの方が交代勤務をしておられることでしょう。しかし、夜中に仕事をすることは身体にさまざまな影響を与えます。

きちんとケアしないと、身体トラブルが大きくなったり、実際に病気を発症してしまったりして、ナースとして働けなくなる可能性もあります。あとからツケを払う羽目にならないよう、若いうちからしっかり気をつけることが大事だと思います。

 

この記事を書いたのは

mathy

日本でナースとして働き、長年の夢であったオーストラリア移住を夫婦で果たしました。オーストラリアで3人の子供を出産し、今はライターとして、健康記事や美容記事を中心に執筆活動しています。

 

イラスト・ツヤコ

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

新人ナースのサバイバル術の新着

先輩看護師から好かれる髪型、敬遠される髪型

学生時代の頃から、看護師は「髪型」について指導されます。筆者が学生の頃はナースキャップのかぶり方を指導されましたが(もう10年以上昔です・・・)、髪型をどうするか、は新人看護師さんにとって悩みどころの一つだと思います。そこで今回は、指導役経験のある筆者が新人看護師さんの「髪型」に...

2019/8/14

早く帰りたい!先輩から「残業」を言い渡されたときの対処方法

「働き方改革」が提唱されている昨今ですが、看護師の職場はその仕事内容ゆえに残業が多くなりがちです。 しかも、先輩ナースの中には残念ながら「新人だから」という理由で、“新人が残業しない”ことについて快く思っていない人が一定数います。そこで今回は、早く帰りたいのに先輩から残業を...

2019/7/22

今から憂鬱・・・苦手な先輩と一緒の<2人夜勤>

病棟看護師として、避けては通れない「夜勤」。その夜勤での働き方を左右するのは、一緒に夜勤をするメンバーではないでしょうか?今回は、苦手な先輩と一緒の夜勤について、お話したいと思います。   苦手な先輩との夜勤、「あるある」 苦手な先輩との2人夜勤にお...

2019/7/20

どうする?どうなる?看護師の「有給取得」

病院をはじめとした看護師の職場では、「普通の休暇ですらなかなかとりにくいのに、有休なんて夢のまた夢・・・」というケースも少なくないのではないでしょうか。しかし・・・2019年4月の法改正により、「有給休暇(有休)取得が義務化」されているんです。 1年で5日間“有給”...

2019/7/17

辞める前に再考して!効率よく働けたら残業は減る

ただでさえ3交代や2交代で勤務が不規則なのに、残業まであっては身体が悲鳴をあげても無理はありません。辞めてしまおうかな・・・そんなふうに思っている新人ナースの方!少し仕事の進め方を見直してみませんか? 仕事の質は落とさず、仕事の進め方を見直してみるだけで、残業時間が少なくな...

2019/7/15