1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 円形脱毛症・適応障がいを乗り越え「好き」と生きるダンサー看護師の挑戦!

円形脱毛症・適応障がいを乗り越え「好き」と生きるダンサー看護師の挑戦!

  • 公開日: 2019/6/14
  • 更新日: 2019/7/16

 

看護業界を変えたい!立ち上がった一人のナース

まずは、こちらの動画をご覧ください。

この動画を作ったのは、看護師として働くユナさん。

看護業界の内情を多くの人に知ってほしい。
看護師が働きやすい環境に変えたい。

そんな思いを抱えていたときに見た、お笑い芸人のせやろがいおじさんにインスピレーションを受け、直接本人にアポを取り動画を作成したそうです。

SNSで「看護師」と検索をかけると「看護師 辞めたい」が1番に上がって来る時代。悲しいけど、これが現実。

そう語るユナさん。

実際にSNSでは、職場環境に不満を持っていたり、今の自分の働き方に疑問を感じている多くの看護師のつぶやきが見受けられます。

  1. ブラックな労働環境
  2. スタッフの心と体が疲弊
  3. 行き届かない新人教育
  4. 止まることがない離職率
  5. 慢性的なスタッフ不足

止まらない負の連鎖。
「動画を通して、看護師業界を取り巻く実情を多くの人に知ってもらい、少しでも業界を変えるための手助けになれば嬉しい」とユナさんは話します。

 

激務で体調を崩した過去

華やかに見えるユナさんですが、新人看護師時代は苦労の連続だったといいます。

新卒で大学病院に就職し、消化器・呼吸器・血管・乳腺などを扱うバリバリの外科に配属。 忙しい病棟でしたが、看護師の仕事が好きでやりがいも感じていました。

しかし、職場は慢性的なスタッフ不足。 過剰勤務をこなしていく中、疲労やストレスで眠れなくなり、全身蕁麻疹に悩まされるように。しかも、20cmほどの円形脱毛症にもなりました(これでも治りかけ)。

半年間治療しても広がり続けるハゲ、止まらない蕁麻疹。 それでも職場には黙って、仕事を続けていましたが、尊敬している先輩から「最近、様子がおかしい。医療ミス起こしそう」と言われます。

そこでようやく自らの身体の異変を告白。先輩から休むよう言われ、休職について管理職に相談したところ、痛烈な言葉を投げかけられます。

患者の命を守るのが仕事でしょ、あなたに休まれたら患者を守れない。 あなたそれでも看護師?みんな大変なの、私がストレスでハゲそう!もっと頑張らないとだめよ!

「あぁ、そっか。看護師って自分の身をボロボロにしてでも患者をお守りしないといけないのか」
「私が頑張らなかったからいけなかったのか」

それからユナさんは、不眠、食欲不振になり、メニエール病を発症。最終的には適応障害にまでなりました。

満身創痍のユナさんを救ってくれたのは、同期の看護師や職場の先輩たち。

「おかしいのはあなたじゃない、管理職だよ」その言葉で我に返り、ボロボロになりながらもなんとか休職することができ、実家に帰ることに。

しかし、休職中もこうなってしまった自分を責めてしまったり、仕事のことを考えてしまい、思うように休めません。 そんなとき、母親から「貯金を使い切ってきなさい」と言われます。

さらに通院先の精神科の医師からは、「今のあなたの仕事は好きなことをすること。早く戻ろうと思わなくていいので、とにかく好きなことだけしてください」と言われ、思い切って海外旅行に行くことにしました。


マレーシア

イタリア、マルタ島

そして、数カ国を巡る旅を続けていくうちに、ユナさんは徐々に元気を取り戻していったようです。

 

「看護師」と「好きなこと」に挑戦し続ける

現在のユナさんは、美容クリニックや予防医療について企業セミナーの講師、学生時代から続けてきたダンスなど、さまざまな仕事を受け持ち活躍しています。

「わたしの人生、病院で働いて終わる看護師では終わらせないぞ!」看護学生の頃から、こう秘めていたユナさん。今後は、自身の活動を通して以下の目標を掲げているそうです。

  1. おかしな「ダイエット法」の撲滅
  2. 健康意識が高い人に向けたウェルネス事業
  3. 予防医療の普及
  4. ダンサーとして海外のステージに立つ
  5. 看護業界を働きやすくする

看護師やダンスなど、「好きなこと」と生きる姿はかっこいいですね。

自ら掲げる「看護師+αの働き方」で、健康や予防医療の活動、そして看護業界を変えたいと活動を広げていくユナさん。今後の活動に注目です。

この記事を書いたのは

sin.cos.tan
臨床の場を病棟から日常に移した17年目の看護師です。急性期から終末期、訪問看護まで一通り経験しています。 趣味は読書。看護師仲間から聞いた話を私見で散文にします。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

ナースマンが書く話の新着

検証!新卒で訪問看護は本当にムリ?/vol.3 番外編:訪看で出会った利用者さん

 特集  検証!新卒訪問看護ムリ説 さて、ついにこのシリーズも最終章に! 今回は番外編として「訪看で印象に残っているエピソード」などのこぼれ話を紹介していきます。 vol.1 訪看って稼げるの? vol.2 知識・判断...

2019/8/8

検証!新卒で訪問看護は本当にムリ?/vol.2 知識・判断力的に大丈夫なの?

 特集  検証!新卒訪問看護ムリ説 看護界に流布する風説を検証すべく始まった、開催された特集「検証!新卒訪問看護ムリ説」。新卒で訪問看護に進み現在2年目の看護師を招いてお話を聞いています。 今回はたくさんの方が気になっているであろ...

2019/8/6

検証!新卒で訪問看護は本当にムリなのか?/vol.1 給与の実際!それ以上の働き甲斐!

 特集  検証!新卒訪問看護ムリ説 「訪問看護に行くなら、最低5年は働かないとダメよ」 学生の頃、そんな話を聞いたことはないでしょうか?確かに医療機器もなければ医師もいない環境で、己の腕一本で看護をすることを考えるとそれなりの経験が必要そうです。 一方で...

2019/8/1

新人看護師にオススメする参考書を、先輩ナースに聞いてみた!

新人看護師のみなさん! そろそろ新人研修も終わり、病棟に配属され忙しくなってきたでしょうか?覚えなければいけない業務、それに必要な知識もたくさんありますよね。 「先輩達はテキパキこなせてるのはなぜ?」 「何を、どう勉強すればいいの?」 今回は3年目以上の先輩を中心...

2019/5/28

看護師にもQOLの向上を!自分の人生を見直し「看護師バックパッカー」になったナースの話

まずはこちらのツイートをご覧下さい。 https://twitter.com/chi___z/status/1076136057765126144   看護師であり、夫と一緒に世界を旅するバックパッカーのカサイチカさん。 看護学校を卒業後、一般病...

2019/5/23