エッセイ

ナースマンが書く話

看護師にもQOLの向上を!自分の人生を見直し「看護師バックパッカー」になったナースの話

2019/5/23

まずはこちらのツイートをご覧下さい。

https://twitter.com/chi___z/status/1076136057765126144

 

看護師であり、夫と一緒に世界を旅するバックパッカーのカサイチカさん。

看護学校を卒業後、一般病院に就職。
7年働いた後に「看護の世界しか知らない自分」に気付き、思い切って退職。世界に飛び出していったそうです。

 
自己紹介

 

病院を退職してからこれまでの経歴がこちら。

2015年7月 日本縦断ひとり旅
2015年8月 ヨーロッパ4ヵ国ひとり旅
2016年9月 ワーキングホリデーinニュージーランド
2016年2月 一時帰国
2016年11月 再出発。語学留学inフィリピン
2017年1月 ワーキングホリデーinオーストラリア
2018年4月 夫婦で行く日本一周ヒッチハイクの旅
2018年8月 オーストラリアへ!

 

オーストラリアから帰国後は、東南アジアを回り再び帰国し、今は日本で生活しているそうです。「アジアは物価が安いから」というのはなんとなく想像できますが、具体的にどうやって生活しているのか。

チカさんは、旅をすることの意味、看護師資格を活かした働き方や、生き方そのものもについても語っています。今回は、そんなチカさんの看護師として、人としての生き様を紹介します!

 

看護師が海外に住む方法

チカさんのブログの中で「海外に住むことのハードルは高くない」と述べています。

言葉の壁は?お金は?仕事は…?
疑問は山ほど湧いてきます。一体どう生活しているのでしょうか。

 

その答えはワーキングホリデー、通称「ワーホリ」と呼ばれているものです。

海外では現地の看護師資格が必要なため、看護師として働くことはできませんが、全く違う仕事をするのも楽しみのひとつ。 いろんな価値観に触れることで自分の人生・生き方を見直すきっかけになる、とチカさんはいいます。

他にもこんな記事も書かれています↓↓↓

看護師が海外で働く一番簡単な方法を紹介!あなたの未来を開く道しるべ

お金はどうしているの?

渡航費や生活費など、もちろん生きることにはお金がかかります。 一体どうやってお金を稼いで生活しているのでしょうか?

看護師だからできるセミリタイア生活!3ヶ月働いて半年自由に暮らす方法とは?

それは看護師の資格を活かした、派遣やバイト。数ヶ月働いてお金を貯める、そして好きなことや趣味に使う。

「仕事に合わせて趣味を続ける」のではなく、「趣味に合わせて仕事のスタイルを変えた」結果、今のようなスタイルになったそうです。

 

イタリア人から言われた言葉

チカさんはオーストラリアにいたころ、イタリア人の友人がいました。イタリア人と聞くと、適度に仕事して、女性に声をかけまくるジロー・ラモのような人を思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし、その友人は真面目に仕事をする働き者だったとか。バイト中にトラブルが起き、まわりの雰囲気が悪くなったときに、そんな彼はこんなことを言ったそうです。

このまま仕事してても楽しくない。
仕事はハッピーじゃないと意味がないんだよ

そう言うと、仕事の途中にも関わらず、一緒に仕事を放棄し帰ることになったのだとか。

仕事に対してハッピーを求めたことがなかったチカさんは、仕事のあり方について考え直すきっかけになったんだそうです。

【お局予備軍】女社会で生きる看護師が感じたお局になる人の特徴

 

働き方って?

看護師のキャリアというと、師長や看護部長などの役職に就くこと、大学院への進学、専門資格の取得などを思い浮かべる人は多いと思います。

しかし、もちろんそれが全てではなく、色々な働き方があってもよいと思います。

病気や健康に対する知識を持っていながらも、仕事に追われ体調を崩す看護師も少なくない今の世の中。

看護師もQOLの高い生活を。みなさんも自分の働き方について、改めて考えてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いたのは

sin.cos.tan
臨床の場を病棟から日常に移した17年目の看護師です。急性期から終末期、訪問看護まで一通り経験しています。 趣味は読書。看護師仲間から聞いた話を私見で散文にします。

ナースマンが書く話の新着

エッセイの新着

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは表示されませんのでご注意ください(スパム対策)

関連するキーワード

検索