リサーチ・インタビュー

インタビュー

回復期病棟で働く|牧野リハビリテーション病院

2019/3/27

この先、どういう看護師になっていきたいんだろう。どうやって働いていく?どこで働く?・・・誰しも自分のキャリアについて悩むタイミングが、あるのではないでしょうか。そんなとき参考になるのは、やっぱり他の人の話。先輩は、同僚は、どんな風に考えているの?あなたの周りにもいる“普通の看護師さん”に話を聞く企画がスタートします!

今回お話を伺うのは、2018年4月にオープンした牧野リハビリテーション病院に勤務している西村さん!3歳のお子さんがいらっしゃるママさんナースです。

西村さん(看護師)

新卒で勤務した病院ではICU配属。その後出産を機に退職し、牧野リハビリテーション病院に転職。看護師7年目(経験は5年目)。お子さんは、現在3歳。日勤非常勤で勤務中。

牧野リハビリテーション病院
回復期

1都4県に100以上の医療・介護・福祉施設を展開する戸田中央医科グループ(TMG)の牧野リハビリテーション病院。回復期リハビリテーション病棟と療養病棟を中心に、急性期の治療が落ち着いた患者さんの回復・療養をチーム医療でサポートしています。同グループの牧野記念病院も隣接。

▶牧野リハビリテーション病院
▶牧野記念病院

 

新卒の時は、ICU配属だったと伺っています。回復期の病院に転職された理由を教えていただけますか?

西村さん:実は・・・摂食嚥下に興味があって、子育てが落ち着いたら認定も取りたいと思っているんです。

そう思うようになったキッカケが、新卒のICU時代に出会った患者さんで・・・その方は、気切もして呼吸器もついてという状態で、食事も殆ど取れず、栄養状態も良くない状態だったのですが、その方が「アイスクリームが食べたい」と熱望されていたんです。それで、楽しみもやはり大事ですし、医師とも相談して食べてみようかということになりました。それでバニラアイスクリームを食べたときの患者さんの顔が今でも忘れられなくて・・・もう本当に喜ばれた笑顔を見せてくださったんです。それから徐々に、やっぱり摂食嚥下の分野を極めたいと思うようになりました。

牧野リハビリテーション病院では、摂食機能療法の加算を取得しようとしているのですが、今、そのNSTチームにも入れていただいているんです。まだ子どもが3歳なので、今は子どものことを一番優先させているのですが、子育てが落ち着いたら、認定を取るために学校に通いたいなと思っています。

お子さんが3歳ということで、子育てとの両立も大変なのではと思うのですが・・・どのように両立されているのですか?

西村さん:そうですね・・・まず、復職の時に保活が大変でした!認可の保育園もいろいろ探したんですけど、やっぱりなかなかお願いできる場所がなくて・・・牧野リハビリテーション病院は、病院内に24時間対応の託児所がついているので非常に助かっています。

 

続いて、西村さんの「ある日のスケジュール」をご紹介します。3歳のお子さんがいらっしゃいながら病院に勤務すると、どんな生活になるのでしょうか・・・?

この続きは会員登録をすると 見ることができます。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、続きは↓2ページ目↓で
1 2

インタビューの新着

リサーチ・インタビューの新着

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは表示されませんのでご注意ください(スパム対策)

検索