1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. 健康・美容情報
  5. トラフル軟膏とは? 「口内炎」の関係についての実態

トラフル軟膏とは? 「口内炎」の関係についての実態

  • 公開日: 2014/1/16
  • 更新日: 2020/10/21

 

 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、このたび、口内炎治療薬「トラフル軟膏」の発売にともない、20~30代の女性500名を対象とした、「ライフスタイルに関する意識・実態調査」を実施しました。

ライフスタイルに関する意識・実態調査結果

“放置女子”の残念な実態…「食事」や「入浴・歯磨き」を後回しにする人まで!

はじめに、1日のうち、自分ひとりで過ごす「自分時間」の長さについて聞いたところ、「2時間程度」という回答(22%)が最も多い結果となりました。落ち着いて自分の時間をとることができていない女性も少なくないと言えそうです。

こうした忙しい生活の中では、色々なことを後回しにしてしまう、言わば“放置女子”が多く、「普段の生活の中で、後回しにしがちなことはありますか?」という質問では、94%の女性が「ある」と回答しました。

具体的に「後回しにしがちなこと」を聞いてみると、「掃除」(部屋62%・トイレ46%・お風呂34%)という回答が多く挙がりました。

それ以外では、「運動(自分でのトレーニング)」(35%)や、「美容院」(29%)、「ネイルケア」(23%)など、「自分磨き」を後回しにしている女性も少なくないようです。

また、「友達とのコミュニケーション(メール・LINEなど)」(34%)は、3割以上が後回しにしていると回答しています。

さらに自由回答では、「気分が沈んでいる日は、入浴も歯磨きもやらずに、そのまま寝てしまう。(22歳・学生)」、「食事をとることが面倒になり、あまり食べず痩せることが多い。(29歳・主婦)」など、生活の基本的なことまでないがしろにしている回答もあり、「友達付き合い」に限らず、「自分のケア」までもおろそかにしている、“放置女子”たちの残念な実態が明らかになりました。

「放置」が招く、さらなるストレス…「口内炎」の原因にも?

自分のケアがおろそかになる状況に対して“放置女子”たちに声を聞いてみると、「つい面倒でメイクを落とさず寝てしまい、翌朝顔が乾燥すると、すごく後悔する。(27歳・事務)」、「忙しいと部屋があれて、心まであれる悪循環に。(36歳・研究)」、「家事が後回しになってたまると、ストレスになる。(28歳・公務員)」など。

“放置女子”たちは、決して放置したままでよいと思っているわけではなく、大事なことを後回しにすることが、「ストレス」につながっている様子がうかがえる回答が挙がりました。

また、女性全員に「普段の生活においてストレスを感じますか?」と聞いたところ、約9割が「感じる」と回答しました。さらに、「ストレスを感じているときにどのような状態になりますか?」という質問では、「イライラしてしまう」(90%)、「怒りっぽくなってしまう」(80%)など精神面での影響とともに、「なかなか疲れがとれなくなる」(77%)や「肌があれる」(59%)といった体調面への影響を挙げる人が多くみられました。

さらに、「口の中があれる(口内炎になる)」という女性も、約4割にのぼり 、自由回答においても 「口内炎ができてしまうことで、よけいイライラする。(37歳・パート/アルバイト)」などの他、「口内炎ができしゃべれなくなり仕事に支障をきたした。(25歳・医療)」と日常生活に影響が出ている女性までみられました。

年間約7割が口内炎を発症!「キス」や「集中力」など恋愛・仕事にも影響!

ストレスがたまったり、疲れが出たりすると口内炎ができてしまう女性が少なくないということが分かりました。

今回、口内炎になる頻度を聞いたところ、「2ヵ月~3ヵ月に1回程度」経験している女性が約2割、さらには1割が「常に~1ヵ月に1回以上」と回答しています。年間1回以上、定期的に発症する女性の割合は約7割にのぼり、多くの女性たちが悩まされているようです。

口内炎の原因として考えられるものを聞いたところ、「口の中を噛んでしまった」(46%)が最も多く、次いで「ストレス」(45%)が挙がっています。その他、「栄養バランスの偏り」(44%)、「体調不良」(41%)、「疲労」(40%)など、不規則な生活リズムが原因と感じている女性が多くみられました。

口内炎ができたときの気分としては、「口の中の違和感が強い」(84%)、「なんとなく不快な気分が続く」(82%)がいずれも8割以上、次いで「痛みが強い」(68%)が続きました。

また、「気になってストレスになる」(59%)と回答した女性も半数を超え、ストレスにより口内炎ができて、それがさらにストレスを加速させてしまうといった負のスパイラルに陥ることが示唆されます。

また、不快感だけでなく、食事への影響も多くの人が感じているようで、約6割が「好きなものを食べていてもおいしさが半減してしまう」(57%)と回答している他、「食べ物が沁みるので、食べたいものが食べられない」(52%)という女性も、半数以上にのぼっています。

さらに調査からは、口内炎が、恋愛や仕事にも影響を及ぼすことがうかがえます。約4割の女性は「パートナーとキスをするのが嫌になる」(36%)と回答しました。他にも、「仕事に集中できなくなる」(33%)、「人と喋るのが辛くなる」(32%)など、口内炎が、恋愛・仕事など、様々な面にマイナスの影響を与えている実態が明らかになりました。

「口内炎」も約3人に1人が“放置”!負のスパイラルから脱出するには?

そこで、口内炎ができたときの対策について質問すると、最も多い回答は、「何もしないで放置する(対処することはない)」(32%)でした。

不快感や痛みにより、恋愛や仕事にまで影響が生じているにもかかわらず、口内炎を放置してしまっている女性は少なくありません。

一方で、口内炎専用の市販薬・処方薬で対策していると回答した“非放置女子”も(市販薬34%・処方薬14%)。

対策する理由としては、「早く治したいから」(49%)と約半数が回答し、ストレスになることも多い口内炎から抜け出したいという気持ちが反映された結果
となりました。

次いで、「友人・知人に薦められたから」(20%)、「手軽だから」(17%)、「一度使用してみて治りが早いと感じたから」(14%)、「一度使用してみて便利だったから」(14%)という回答などが続きました。

“放置女子”におすすめ!さっとひと塗りでよく効く「トラフル軟膏」

本年2月12日に発売した「トラフル軟膏」は、口内炎の痛み・腫れを鎮める軟膏タイプの口内炎治療薬です。

ネバつきや苦みを抑えており使いやすく、患部にしっかり付着。抗炎症成分、組織修復成分、殺菌成分のトリプル配合で、痛い口内炎をしっかり治します。

ひと塗りで手軽に使えるため、ケアを面倒に感じる“放置女子”にもおすすめです。

「トラフル」シリーズは軟膏タイプ以外にも、飲むタイプの「トラフル錠」、貼るタイプの「トラフルダイレクト」、スプレータイプの「トラフルクイックショット」と、選べるラインアップとなっています。

(プレスリリース Powered by PR TIMES)

健康・美容情報の新着

快眠のためにこだわっているグッズは?

皆さんが快適な睡眠を得るためにこだわっているグッズを投票で聞きました。 快眠のためにこだわるのは「枕」「掛け布団」「敷き布団」 Q 快眠のためにいちばんこだわっているグッズは? 投票の結果、こだわりの睡眠グッズとして最も多く票数が集まった...

2018/7/13

最終回 笑いヨガで笑顔と健康を手に入れよ!

最近、笑うことが少ないと感じている“おみね”と“まるっぺ”が、インドの医師によって考案された、笑いとヨガの呼吸法を組み合わせた健康法「笑いヨガ」を体験! 二人の笑顔の行方は……? キャラクター紹介 おみね 今月の願望 妹と...

2017/5/5

更年期症状の強いミカタ『エクオール』が、ついに商品化!!

4月2日、『エクエル』誕生! 35~64歳の女性の70%(約1500万人)が悩んでいるといわれている「更年期症状」。この悩ましい症状に対して、新たな助っ人が4月2日に登場します。 その名は、『エクエル(EQUELLE)』。 更年期症状の改善に効果のある成...

2014/1/13

健康づくりのための“快眠のススメ”

睡眠障害によって生じる経済的損失は3.5兆円 春眠暁を覚えず……などと言いますが、この季節はうつらうつらしがちです。でも、その眠気が不眠症や睡眠時無呼吸症候群などによるものであっては大変。重大な事故につながりかねません。 2003年2月26日、JR山陽新幹線が...

2014/1/8

ワキ汗が止まらない人必見! その場でスグにできる対策

一年で最もワキ汗が気になる時期になってきました。 突然ですが、ワキ汗には、温熱性発汗・精神性発汗の2種類があることをご存知ですか? この2つの発汗のうち、温熱性発汗は生命維持に欠かせない機能ですが、精神性発汗は、なるべく抑えたい発汗です。 そこで、どこで...

2014/1/8