1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. まなび
  4. 骨折の重篤な後遺症、偽関節とは

骨折の重篤な後遺症、偽関節とは

  • 公開日: 2020/4/6
  • 更新日: 2020/3/24

 

偽関節
読み方:ぎかんせつ

偽関節とは

骨折部の骨の癒合のプロセスが完全に停止した状態。骨折の重篤な後遺症のひとつ。仮関節とも呼ばれる。

原因

骨折部の不安定、血行不良、骨癒合初期に形成される血腫の流出、糖尿病などの疾患。

所見

骨折端の間が結合組織で埋められてしまう。異常可動性が認められるよ。

遷延治癒

骨癒合プロセスが遅れてはいるが停止していない状態を遷延治癒(せんえんちゆ)と呼ぶ。

一般的に、受傷後6ヶ月経過しても異常可動性が明らかな場合は偽関節と見なされる。外科手術の対象となることが多い。

わかりやすい看護用語まとめの新着

5年ごとに改訂されている血圧の基準値。高血圧症のおさらい

高血圧症 読み方:こうけつあつしょう   高血圧症とは 繰り返して測っても血圧が正常より高い場合のこと。最高血圧が140mmHg以上。あるいは、最低血圧が90mmHg以上。 分類 本態性高血圧症 原因の判らないものをいい、高血圧症の約9...

2020/4/10

どこが塞がれるかで症状が違う!脂肪塞栓症とは

脂肪塞栓症 読み方:しぼうそくせんしょう   脂肪塞栓症 骨髄の中にある脂肪が、骨折などが原因で血液中に入り、脳や肺など全身の細い血管に詰まり障害が起こること。コレステロール塞栓症とも呼ばれる。 肺動脈に詰まって肺塞栓を起こすことが多い。稀...

2020/4/8

自分で肩関節を外せる!?習慣性脱臼とは

習慣性脱臼 読み方:しゅうかんせいだっきゅう 習慣性脱臼 外傷性脱臼の治癒後に、軽度な外力でも脱臼が頻発する状態。大部分は肩関節にみられる。 症状 脱臼時の疼痛は軽度か、まったくない。整復が容易で、自分で整復できるものも。 脱臼と脱臼の期間がだんだ...

2020/4/4

好きだけど嫌い!って意味分からない。心理学でも使われるアンビバレンスとは

アンビバレンス 読み方:あんびばれんす アンビバレンスとは 両価性とも呼ばれる。同一の対象に対して相反する感情や意思を同時に持つこと。 痩せたい。でも食べたい 見たくない。でも気になる 親に勉強しなさいと言われやる気をなくす など。 ...

2020/4/3

ウィンタースポーツを楽しむ人にも多い。腕神経叢麻痺とは

腕神経叢麻痺 読み方:わんしんけいそうまひ   腕神経叢麻痺とは 何らかの外力により、腕神経叢が損傷されることで生じる麻痺のこと。原因は工業機械で腕を巻き込まれる、バイクでの転倒、スノーボードやスキーでの転倒、骨盤位分娩や肩難産など。 症状...

2020/4/1

まなびの新着

早期対応が必須!フォルクマン拘縮とは

フォルクマン拘縮 読み方:ふぉるくまんこうしゅく   フォルクマン拘縮とは 肘から手にかけての拘縮、麻痺が生じる疾患のこと。原因は肘の周辺の脱臼や骨折、内出血や圧迫によって血行が妨げられ筋肉の組織が壊死、末梢神経麻痺をきたす。 原因 ...

2020/3/30

ハネムーン、サタデーナイトなどなど。異名が多い橈骨神経麻痺のおさらい

橈骨神経麻痺 読み方:とうこつしんけいまひ   橈骨神経麻痺とは 橈骨神経が外力により圧迫または損傷されることにより生じる麻痺のこと。ハネムーン症候群、サタデーナイト症候群、愛人麻痺とも呼ぶ医療者もいる。 症状 橈骨神経が上腕の中央部...

2020/3/28

尺骨神経麻痺。神経のどこに傷害を負うかで症状が違う!

尺骨神経麻痺 読み方:しゃっこつしんけいまひ   尺骨神経麻痺とは 尺骨神経が何らかの影響で障害されて生じる麻痺のこと。 症状 尺骨神経の障害が生じた場所によって症状が異なる。 肘より上の外傷による障害の場合 前腕の尺側と小指...

2020/3/27

放射線治療の中のひとつ、外部照射についてのおさらい

外部照射 読み方:がいぶしょうしゃ   外部照射とは 放射線療法において、放射線を外から照射する治療のこと。照射する放射線の種類には電子線、エックス線、ガンマ線、陽子線、重粒子線がある。治療の目的や実際に行われる方法、予想される副作用なども様々。...

2020/3/25

依存症治療には欠かせないセルフヘルプグループとは

セルフヘルプグループ 読み方:せるふへるぷぐるーぷ   セルフヘルプグループ 自助グループと呼ばれることもある。同じ問題に立ち向かっている人々が集まり、体験や思いを共有しながら支え合い、励まし合ったり、社会に働きかけたりするグループのこと。 ...

2020/3/23