まなび

わかりやすい看護用語まとめ

やっかいなあの細菌に効く薬、バンコマイシンとは

2020/3/21

バンコマイシン
読み方:ばいこまいしん

 

バンコマイシンとは

バンコマイシンとは、グリコペプチド系抗菌薬のひとつ。他の抗菌薬に対し耐性をもつメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や、クロストリジウム・ディフィシル(CD)に有効な数少ない抗菌薬。骨髄移植時の消化管内殺菌にも使われる。

バンコマイシンの飲み薬は体内に吸収されないからこそ、消化管の殺菌に使える。また副作用として脳神経障害(眩暈、耳鳴、聴力低下等)のがあらわれることがあるので観察を十分に行う必要がある。

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索