まなび

わかりやすい看護用語まとめ

自我ってよく聞くけど、よく分からない。自我障害とは?

2020/2/19

自我障害
読み方:じがしょうがい

 

自我障害とは

自分と外の世界(他人を含む)の境界がわからなくなる状態。自我とは「誰に言われてようと私はこのような人である」と、自分が考える「自分」を「自我」と言う。

それが障害されることで自分と外の世界(他者も含む)との境界がはっきりしなくなり、周囲の影響を受けやすくなる状態になる。

「自分が考える自分」が自我と言うのに対して、「周りの人から見た自分はこんな人である」と自分と他人を通しての自分を「自己」呼ぶ。

症状

精神疾患におていは以下の症状が含まれる。 自分の行動や考えを誰かに支配されているように感じるようになった状態になりやすい。

作為体験
自分の行動や体験が他人により操られているように感じる

思考吹入
他人から考えを吹き込まれている感じる

思考奪取
自分の考えが他人に抜き取られている感じる

思考察知
自分の考えが他人に知れ渡っていると感じる

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索