1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. アンケート
  4. ナースの「2018年を表す漢字」はこれ!最も多かった漢字は…

ナースの「2018年を表す漢字」はこれ!最も多かった漢字は…

  • 公開日: 2019/1/11

 

ナース専科会員さんに聞いてみた!

新しい1年がスタートしましたが、みなさんは今年の目標などは決まりましたか?

さて今回は、昨年末にみなさんから募集した「2018年を表す漢字」とともにエピソードをご紹介していきます。 目標を設定する前に、2018年はどのような年だったのか振り返ってみましょう。

■転職や結婚など生活環境に変化がありました!

「変」

仕事、環境、生活。あらゆるものが変化した年になったから。

転職して環境が変わったことで、考え方も変わった。 また、体型が変わったからか、化粧の仕方も変わってきたという、4つの変化があった

「転」

看護師になって20年弱、はじめての転職

人間関係で望まない方に運命が転がり、それをバネに別の分野で短大進学と夢が広がりました。良い方向に運が転がっていくと良いな

「新」

認定看護師として病棟勤務と兼任して認定活動を始めた年だった

新しい部署に異動したり、副業を始めた。

■多忙な看護師の仕事。疲労困憊の方もちらほら…

「忙」

とにかく、なぜか忙しい1年。 この1年何をしてきたんだろうと忘れてるくらい駆け抜けてた

体調不良で当日欠勤のスタッフの穴埋めで受け持ち人数が増え、時には日勤で10人以上が当たり前に。

「慌」

常勤医とベテランNSが減り、業務がまわらなくなり。 忙しい業務をこなしながら新人教育をしなくてはならないという状況で、日々が慌ただしく過ぎていく一年だった

「疲」

上司のパワハラで退職しました。 その時点で、精神的にも身体的にもぐったり…

先輩との上下関係、陰口だらけの人間関係、入職してから定時上がりなし。 過酷な勤務のなか課題提出や技術練習など強いられて疲れた

「病」

体調を崩し、眩暈はするわ腰は痛めるわ病院通いばかりしている

リウマチとの診断。 日に日に薬の量が増え、副作用もあり身をもって持病を持つことの大変さを知りました

■心が折れそう…つらいです…

「苦」

新しい職場が色々酷すぎる…

仕事上でのストレス負荷が強かった。先輩からの重圧、新人指導、その他諸々と。

「辛」

看護師1年目で、なかなか成長しない自分と葛藤。まだ頑張りたいけどもう辛いと思いながら毎日病院に行っていた。

入職してから成長が遅く、同期よりも進みが遅れている。 仕事に行くのも勉強するのも嫌になってしまった…

「折」

派遣からパートに転職。 転職活動では、今の自分がどれくらい必要とされて居ないかを思い知らされ、やっと入った職場では使い物にならない自分に不甲斐なく、何度も心が折れ続けて居ます…

みなさん、心底疲れていますね…
一方で、仕事に対してこんな風に思っている方もいらっしゃいました!

 

この続きは会員登録をすると見ることができます。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、続きは↓2ページ目↓で

この記事を読んでいる人におすすめ

ナースの主張!の新着

する?しない?臓器提供の意思表示

一人でも多くの命を救う臓器提供 最近は保険証や免許証にも記載されるようになった「臓器提供意思」。「少しでも多くの患者さんの命が救えるなら・・・!」「自分の死生観に反するから拒否している・・・」臓器提供に協力したいと思っているナースはどのくらいいるのでしょう...

2019/1/26

あなたは持っている?ナースが考える「死生観」

看護師だからこそ、考える「死生観」 自分の死に備えて活動する「終活」。看護師として、避けては通れない「看取り」。業務として常に「生と死」に触れている看護師さんの中で、『死生観』を持っている方はどのくらいいるのでしょうか? 生と死について考える...

2019/1/25

看護師が、あのドラマのナースに「憧れた」理由って?

看護師が憧れる○○ナースをご紹介してきたこの企画。最終回の今回も、前回に引き続き様々な職場で働く、憧れのナースをご紹介します。 それでは、どうぞ! こんなナースに憧れます! 訪問看護ステーションで働いているナース 看護技術とアセスメ...

2018/9/30

厳しい訓練も受けていて、かっこいい○○ナースに憧れます!

看護師として憧れる○○ナース、今回から2回は様々な職場で働くナースを中心にお届けします。 同じ看護師として、こんな職場で働くナースに憧れます!それでは、どうぞ! こんなナースに憧れます! 海外で看護ボランティアをする看護師 見知らぬ...

2018/9/23

看護師だからこそ、やっぱりコレが素敵なナースに憧れます!

看護師が憧れるナースをご紹介しているこの企画。今回も前回に引き続き「対応」編をお届けします。 看護師だからこそ憧れる対応とは?それでは、どうぞ! こんな「対応」ができるナースに憧れます! 救急患者さんの身体状態をを的確に判断し、素早く対応...

2018/9/16

アンケートの新着

業務中にヒヤッとすることってどのくらいある?

「重大事故の影に29倍の軽度事故と、300倍のニアミスが存在する」というハインリッヒの法則は看護師ならどこかで耳にしたことがあるはず。 人命に関わる業務が多い看護師はミスはあってはならないけれど、忙しい現場でとっさの対応が求められることも多く、ミスが起きる状況も少なくな...

2021/11/22

マスク1日1枚の制限は辛い…勤務中のマスク交換はコロナ禍でどう変わった?

新型コロナウイルス感染症の拡大によってマスクの供給が不足し、最もマスク需要の高い医療機関でさえマスクがない状況だったのはつい最近のこと。 時間の経過とともに少しずつマスクの供給量は以前のように戻りつつあるけど、実際に現場でのマスク支給の実態やマスク交換頻度はどうなってい...

2021/11/15

休み希望は何日分出して、どれくらい通る?

看護師の多くは前月に休み希望を出して、師長さんなどが1ヶ月分のシフトを作成してくれるのが一般的。 シフトを見たとき、「えっ?!予定があるのに希望が通ってない!!」なんてことはどのくらいあるんだろう? 休み希望は働く者として当然の権利だけど、希望しすぎも良くないことは分...

2021/11/8

みんな毎日どのくらい看護の勉強してるの?

日進月歩の医療に対して、看護師も常に新しい知識を身に着け現場に立つことが理想だけど… 誰もが感じる多忙な看護師の毎日の中に、勉強時間を確保することは果たして当たり前にできることなのだろうか? 勉強に関しての看護師の理想と現実は?そして、そこから見える現在の看護界の問題...

2021/11/1

申し送りで何を伝えてる?申し送りって本当に必要?

電子カルテが普及して看護記録を書きながら業務するのは当たり前だし、記録を見れば患者さんのことが全てが記載されているはず。 それなら口頭での申し送りって本当に必要?どんな内容を申し送るのが正解? 時代は申し送り廃止の傾向も強くなってきている昨今。遅かれ早かれ、申し送りの...

2021/10/25