まなび

わかりやすい看護用語まとめ

気道への刺激が強い吸入麻酔薬のデスフルラン。実際どんな臭いか調べてみたが…

2019/9/9

デスフルラン
読み方:ですふるらん

 

デスフルランとは

劇薬の全身吸入麻酔剤。総称名はスープレン。従来の吸入麻酔薬と比較して覚醒や回復が早く、肥満患者でも効果が早い。また覚醒の質が良好とも言われている。

全身麻酔の維持に使用される薬剤で高濃度デスフルランは気道刺激性が強く、単独での麻酔導入には患者に不快を与えるため使用されない。

実際どんな臭い?

添付文書によると「本剤は気道刺激性が強いため」とあります。
臭いについて調べたところ

  1. 案外においがわからない
  2. 眼にきた
  3. わさびみたい
  4. においはないが、やたら咳が出た

など意見は分かれる。

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索