まなび

看護師国家試験対策

【老年看護学8】過去問で看護師国家試験対策!高齢者の権利擁護で正しいのはどれか。

2020/1/6

過去13年分の看護師国家試験の問題から分野別に10問をピックアップして出題!

今回の出題分野は…

老年看護学

老人性皮膚掻痒症が好発する部位は?ブローカ失語とウェルニッケ失語の違いは?

無料会員登録をすると解答と解説も確認できます。なぜその答えなのかも正しく理解していきましょう。

それではさっそく問題を解いていきましょう!

第1問

老年期の加齢に伴う記憶の変化で正しいのはどれか。

第2問

高齢者の権利擁護で正しいのはどれか。

第3問

65歳の男性。2日前脳梗塞を発症し言語障害をきたした。「生年月日はいつですか」と尋ねたところ、「はいそうです。何だか分かりませんが、何にもどうにもいました。何かそういうことあります」と明瞭な口調で答えた。運動神経麻痺はなく、統合失調症の既往はない。この障害はどれか。

第4問

老年期の加齢に伴う聴覚の変化に対するコミュニケーションの工夫で適切なのはどれか。

第5問

75歳の女性。2か月前に脳梗塞を発症した。右上下肢の不全麻痺があるが、上肢は肩まで挙上できる。歩行の際の留意点で適切なのはどれか。

第6問

老人性皮膚掻痒症で正しいのはどれか。

第7問

高齢者に投与される薬と副作用の組合せで正しいのはどれか。

第8問

80歳の男性が終末期を迎えた70歳の妻を介護している。今後、必要となるグリーフケアで適切でないのはどれか。

第9問

認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)で正しいのはどれか。

第10問

平成20年(2008年)の年齢階級別にみた不慮の事故による死亡状況で後期高齢者に最も多いのはどれか。


無料会員登録をして
解答と解説を確認しましょう。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、解答と解説は↓2ページ目↓で
1 2

看護師国家試験対策の新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索