エッセイ

ナースのちょっとイイ話

患者さんから言われた「ごめんね」に、学生時代の私は…

2018/9/15

ナースとして働く中で、死生観や看護観について、あらためて考える瞬間はありませんか?どうやって生きて、どうやって人生を終えるのか、看護師として何ができるのか…
今回は、みみりを さんのストーリーをお届けします。

 

看護学生時代に出会った、終末期の患者さん

看護学生時代の話です。私が受け持った患者さんは、私が来る前のクールの学生が受け持っていた患者さん。学生間で申し送りを行い、月単位で経過してるとの話でした。とても気持ちの良い患者さんで、でも情緒不安定な面もあると話を聞いていました。

実際に私が初めて患者さんにお会いしたときの印象は、何でも一人でできるし、中々ターミナルというイメージではありませんでした。ただ、リンパ浮腫が著明で痛みが辛そうだな…という感じでした。

「ごめんね」と言われて

しかし日々過ごしていくなかで、麻薬の使用が始まったり、日に日に増量されていったり、そのうち歩けなくなって、何をしてても傾眠傾向が著明になって、眼球が上転するようになって、どんどん話もできなくなりました。

そんなある日、傾眠傾向ながらに患者さんが涙を流しながら、『ごめんね』と言ってきました。

教科書や解答の通りに返答するなら、受け止めて『そう思っていたんですね』と言うべきだったのでしょうね。

でもあの空気感や患者さんの想いは、そんな簡単な言葉では表せないものでした。

看護にゴールはない

なんて言ったらいいのか、なんて言うべきだったのか、今でも答えは出ていません。看護にゴールはないと思った初めての出来事だったと思います。

あの患者さんがいたから今の私があると思います。これからも初心を忘れず、看護に迷ったらあの患者さんのことを思い出して、看護を提供していきたいと思います。

●執筆● みみりを さん
あなたのストーリーも教えてください!「ナースのちょっとイイ話」でご紹介させていただきます。 ご参加は こちら から。

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは表示されませんのでご注意ください(スパム対策)

検索