リサーチ・インタビュー

ナース専科が調べてみた

【現場のリアル】訪問看護について聞いてみた!~いいところ編

2018/7/18

ナース専科と一緒に「病院以外の働き方」について調べている病棟看護師のウサ木とカメ田。 今回は、在宅医療への移行とともにこれから益々需要が高まる「訪問看護」について調べてみることにした。 まずは「訪問看護のいいところ」を、訪問看護経験者に聞いてみた!

 

家だからこそできる看護がある

"


病院ではなく家だからこそ見えることがあるんだ。

 

患者さんの生活そのものに触れられる。その中からどう健康を保持するか、向上させるか、患者のフィールドで考えるのは楽しい。信頼関係も築き上げ安い。

家族の意向をきけるところです!対象の生活様式も把握できますし、素がみれることが魅力です。

一対一で向き合える。濃厚な看護ができる。家族状況・介護状況が直に目に見える。じっくり話を聞いてあげられる(傾聴)。

 

"


ナースコールや緊急入院・オペがないから、患者と向き合う時間を確保し易いね。

 

訪問中は、患者様と1対1で関わる事ができる。ナースコール等で呼ばれ、ケアを中断される事などありません。

同じ人を受け持つことが多く、その方が何をして欲しいのか分かりやすい。 30~60分はずっとケアに携われるので、病棟みたいに急がなくていい。

やはり病院とは違い、1時間の中でじっくり関われますし、毎週同じ利用者とそれを繰り返す事でお互いの信頼関係を築く事が出来ます。

"


住み慣れた我が家で最期を迎える、その瞬間を家族と一緒に見守ることもあるんだ。

 

患者様が、自宅で家族に見守られながら静かに息を引き取られました。グリーフケアで後日ご家族を訪問させていただき、今までの看護にとても感謝されました。患者様を通じて家族の仲に入り、とても充実した看護を展開できたと感じました。


>>次ページ
気になる「休日」「残業」「給与」は?
1 2 3

ナース専科が調べてみたの新着

リサーチ・インタビューの新着

関連するキーワード

検索