1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. アンケート
  4. 申し送りを、簡潔・スムーズ・分かりやすくする方法

【連載】仕事で使える小技

申し送りを、簡潔・スムーズ・分かりやすくする方法

  • 公開日: 2016/10/14
  • 更新日: 2018/12/13

 

シフト制のナースのお仕事には、引継ぎが不可欠です。患者さんを守るためにも、しっかりと情報を次の勤務帯の人に伝えなければいけません。だからと言って、アレもコレも全てを伝えなければ!と言うわけではないのが、申し送りの難しいところ。どうすれば、うまく申し送りができるのでしょうか?先輩ナースに聞いてみました!
回答にご協力いただきました先輩ナースの皆さん、ありがとうございました!

質問1:申し送りは得意ですか?

img_snst_161014

申し送りが苦手なのは、新人ナースだけじゃない!?実は、約7割の先輩ナースも「申し送りが苦手」という驚きの結果が。
どういった点が苦手なのかを詳しく聞いてみたところ、共通していたのは「要点を簡潔にまとめられない」から「だらだらと長くなってしまう」パターンや、「緊張してしまう」から「うまく喋れない」パターン、「優先順位をつけるのが苦手」だから「話す順番がごちゃごちゃになって伝わらない」パターン。大きく分けると、多くの先輩ナースもこれらの要素に悩まされているようです。

完璧な申し送りは出来なくても、「ここさえ押さえていれば大丈夫!」という項目は必ずあるはずです。先輩ナースが「これはしっかり送ってほしい!」と思っている情報は何か聞いてみました。

質問2:申し送りで「これはしっかり送ってほしい!」と思う情報は何ですか?

■ポイント1:記録にあることは送らなくても大丈夫

記録がまだならバイタル。とくに発熱、血圧の変動。いつもと違う様子があったならそのときの様子。

記録に書いてない事

■ポイント2:「いつもと違うこと」は絶対に!

変化があったこと。薬の量や状態の変化など

状態が変化した後の経過・対応をどうするか。継続して対応すべきか。家族にどう対処したか等

悪化する可能性のある情報、命に関わる予測できる情報。的確なアセスメントのポイントをおさえた情報。

■ポイント3:新しい指示は確実に!

医師からの指示。正常ではないバイタル。今後の注意するポイント。

先生から指示や急変時の状態など

中止の薬や点滴の滴下スピード等。

■ポイント4:全員が同じ対応を出来るように

重傷者と変化のあった患者さんについて、家族からの伝言や苦情など、みんなで共有しておきたいこと

トラブルがあったときの対応

■ポイント5:何より大事なのはコレ!

事実。感想や思った事は伝えなくても良いのでは。

客観的な事実。SOAPで送ってほしい。まずは結論から送ってほしい!

実際に先輩ナースが申し送りで気をつけているポイントは…? 次のページへ

この記事を読んでいる人におすすめ

仕事で使える小技の新着

【申し送りのコツ】わかりやすい伝え方とは?

申し送りが伝わりやすくするために! 苦手意識を持つ看護師さんが多い申し送り。 特に、「伝えたいことをうまくまとめられない」「どのような順序で伝えればいいの?」と伝え方で悩む方も多いのでは? そこで今回は、申し送り時の伝え方のポイントをナースのみなさんに聞いてみました! ...

2019/7/5

【申し送りのコツ】準備&話し方で気を付けることとは?

申し送りがうまくなりたい方必見! 毎日行うけど、実は苦手だと思っている方が多い申し送り。 分かりやすく伝えられるようになりたい!と考えている方も多いのでは? 今回は、「申し送り前の準備」と「申し送り時の話し方」のポイントをまとめてご紹介します! &...

2019/7/4

【患者指導のコツ】診療科によっても対応が異なる!?

症状が違えば患者指導も違って当たり前! 患者さんの退院後の健康維持のために行う患者指導。診療科や職場によって患者さんの病状は異なるので、その指導内容や方法も様々です。 そこで今回は、診療科ごとの効果的な患者指導のポイントについてナースのみなさんに聞いてみました! 指導した際...

2019/6/27

【患者指導のコツ】わかりやすい伝え方とは?

患者指導時の伝え方の工夫、してますか? 退院後も健康に過ごしてもらうための方法を考えても、「わかりやすく伝えられない」「患者さんに伝わっているのか不安」と考えている方、いらっしゃるのでは? そこで今回は、患者さんへの伝え方のポイントにはどのようなものがあるのか、ナースの皆...

2019/6/26

【患者指導のコツ】患者指導の前に準備すべきこととは?

患者指導、どうすればうまくいく? 患者さんの健康維持のために行う患者指導は看護師にとって大事な仕事ですが、限られた時間の中で患者さんの個性に合った指導方法を考えるのは難しいですよね。 そこで今回は、患者さんの指導方法を考える際のポイントとはどのようなものなのか、実際のエピ...

2019/6/25

アンケートの新着

外来の勤務は実際のところ楽?大変?外来ナースに必要なこととは…

育休明けや少し病棟に疲れちゃったというときに転職や移動されがちな外来。 日勤だけだし、ルーティン業務が多そうで病棟よりも楽なイメージを持たれることも多い部署だけど、実際はどうなの? 軽はずみに外来を希望して、こんなはずじゃなかったなんてことにならないように…実際の外来ナースの...

2020/10/5

あなたは損してない?福利厚生の有効活用してますか?

職場の福利厚生にどんなものがあるか知っていますか?もしかしたら、あなたにピッタリの福利厚生があるのを知らずに損しているかも! もっとナースがお得にナースライフを送るために、皆の福利厚生事情を探っていこう!   職場の福利厚生 ナース専科調べ(20...

2020/9/28

看護助手さんへのケア依頼は看護師としてどうすべき?

忙しい看護師にとって、看護助手さんの存在はキーパーソンとも言える!検査出しや搬送のお手伝いをしてもらったり、ケア全般を全て看護助手さんにお願いしている病院もあるはず。ただ、看護助手さんと業務分担がうまくいっていないという病棟もちらほら。 看護助手さんにケアをお任せする?しない?...

2020/9/21

時短勤務なら業務はフリー?受け持ち?

多くの職場で産休・育休明けなどで、時短勤務を選択する看護師がどんどん増えてきていますよね! 実際に時短勤務をしてみると、時間は短いけど意外と働きにくいとか申し訳ないなどいろいろな問題が生じてくることが少なくないはず…。 現代の女社会を時短勤務で働くってどんなことなんだろう? ...

2020/9/14

退職する時、誰に相談するのがベスト?

多くの看護師がライフスタイルの変化やキャリアアップなどで転職の経験を持っているはず。転職するときは当然今の職場を退職しなければならない。そんなとき、あなたは誰に1番初めに相談した?相談相手を見誤ると、あらぬ噂が病棟内に広まってしまったなんてことも… 退職について誰にいつ相談すべ...

2020/9/7