1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. アンケート
  4. 平安時代のラブコメ「なんて素敵にジャパネスク」

平安時代のラブコメ「なんて素敵にジャパネスク」

  • 公開日: 2014/8/22
  • 更新日: 2018/12/13

 

「なんて素敵にジャパネスク」氷室 冴子


なんて素敵にジャパネスク(コバルト文庫)

あらすじ

都でも屈指の名門貴族の一人娘・瑠璃姫を主人公として、彼女の恋を描いた作品。
平安時代の貴族社会が舞台と言っても、ひいてしまう必要はない。
陰湿なところは少しもありませんから。それに難しい歴史知識も必要ありません。
現代的な価値観で書かれています。
舞台を平安時代であることを表現するために、平安時代の道具や官職も出てきますが、決して難しいものではありません。 前知識が無くても充分にわかる程度です。


主人公の瑠璃姫は、子供の頃、田舎で育ったことから、どうにも庶民的なところが抜けでない少女です。それで妙に夢見がちで、亡くなった初恋の君を胸に生涯独身を貫くとか言っています。
そんな娘を心配した父親は、娘の夜這いの手引きをすることになり、貞操の危機に陥ってしまった。彼女を助けてくれたのは、幼馴染の高彬。瑠璃姫といつも一緒に遊んでいた少年は、瑠璃姫が好きだからと言って告白してきた。彼は、上に馬鹿がつくくらい真面目で誠実な人物として描かれています。

氷室さんのヒロインの相手役とか、主人公となる少年は、高彬のような人物がしばしば出ます。以前、氷室さんの作品の「あとがき」で読んだところ、氷室さんは、少々、真面目で少々優柔不断な感じがするくらいの男の子が信用できると思っているようです。俺についてこいって感じの男性は、どうにも独りよがりで嫌なタイプが多いとか。ヒロインを幸せにしたいと思っている氷室さんとしては、そういうタイプの男性を相手にはしたくはないのでしょう。

他に鷹男と呼ばれている、瑠璃姫がくらりとくる男性も出てきます。
瑠璃姫は鷹男とであったことから、都を騒がす陰謀に巻き込まれ、とんでもない冒険をすることにもなりました。 この物語も面白かったです。

おすすめポイント

ほぼ唯一尊敬するライトノベル作家、故氷室冴子先生の作。
平安時代の、ちょっとハジケたお姫様が活躍する、いわゆるラブコメの部類に入るのだろうが、恋愛が基本要素っぽくはあるものの、実に爽やかに描かれていて、しかもそれがメインではない。
「1000年もの昔に、こういったお姫様もいたんだろうなあ」と無理なく思わせてくれる。

お姫様一人称視点で展開されるストーリーも、大変にテンポよく、すがすがしく、なんとも痛快。発行されたのはもうかなり前になるのだが、現在読み返してみても違和感なく、色あせぬ感動を与えられる。平安時代の話だからといって難しいところもなんらなく、一気に読める。初めて小説を読んでみようと思われた方に、ぜひ読んで頂きたい良作。

●執筆●こはまま さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

この記事を読んでいる人におすすめ

趣味・娯楽の新着

急きょ、一週間休みになったら、ナースの多くは〇〇に行く!

もし明日から急に1週間の休みがもらえたら、みなさんならどんなことに時間を使いたいですか?とにかく寝る、もしくはたまった家事や雑事?思い切って旅行?みなさんのやってみたいこと、聞いてみました。 集計期間:2016-05-28~06-02 有効票:...

2016/8/18

ボーナス2回分を使って、思いっきり羽を伸ばすナース

職場と自宅の往復で終わる毎日。それが、一気に非日常的な世界になるのが「旅行」ですよね。 みなさんの「生きがい」をお届けしているこの企画。今回は「旅行」編です。それでは、どうぞ! 私の生きがいは「旅行」です! どんな仕事でもストレスはかかる...

2016/7/17

ナースが「心の友」としている、疲れたときにぴったりな、アレ

人は、食べなければ生きていけません。そして、美味しいものを食べたとき、人は幸せを感じると思います。 今回の「生きがい」のテーマはずばり「食事」です。みなさんのコメントを読んでいるだけで、お腹が鳴ってしまいそうです…!それでは、どうぞ! 私の生きがい...

2016/7/10

ナースの「自分へのご褒美」一番多いのは、意外なコレ!

仕事に追われる日々、頑張ってる自分へのご褒美は明日への活力にもなるし、ストレス発散になりますよね。みなさんは自分へのご褒美、あげてますか?どんなものをあげていますか?聞いてみました。 集計期間:2016-05-01~05-06 有効票:2,04...

2016/7/10

シフト制のナースだからこそ!ぜひおすすめしたい「娯楽」とは?

シフト制の仕事のいいところの一つに、「平日にお休みを取りやすい」ことがあげられると思います。 今回ご紹介する「生きがい」は、平日だといろいろお得になる「観劇」「観戦」編です。それでは、どうぞ! 「観劇」が私の生きがいです! 生身の演者がそ...

2016/7/3

アンケートの新着

外来の勤務は実際のところ楽?大変?外来ナースに必要なこととは…

育休明けや少し病棟に疲れちゃったというときに転職や移動されがちな外来。 日勤だけだし、ルーティン業務が多そうで病棟よりも楽なイメージを持たれることも多い部署だけど、実際はどうなの? 軽はずみに外来を希望して、こんなはずじゃなかったなんてことにならないように…実際の外来ナースの...

2020/10/5

あなたは損してない?福利厚生の有効活用してますか?

職場の福利厚生にどんなものがあるか知っていますか?もしかしたら、あなたにピッタリの福利厚生があるのを知らずに損しているかも! もっとナースがお得にナースライフを送るために、皆の福利厚生事情を探っていこう!   職場の福利厚生 ナース専科調べ(20...

2020/9/28

看護助手さんへのケア依頼は看護師としてどうすべき?

忙しい看護師にとって、看護助手さんの存在はキーパーソンとも言える!検査出しや搬送のお手伝いをしてもらったり、ケア全般を全て看護助手さんにお願いしている病院もあるはず。ただ、看護助手さんと業務分担がうまくいっていないという病棟もちらほら。 看護助手さんにケアをお任せする?しない?...

2020/9/21

時短勤務なら業務はフリー?受け持ち?

多くの職場で産休・育休明けなどで、時短勤務を選択する看護師がどんどん増えてきていますよね! 実際に時短勤務をしてみると、時間は短いけど意外と働きにくいとか申し訳ないなどいろいろな問題が生じてくることが少なくないはず…。 現代の女社会を時短勤務で働くってどんなことなんだろう? ...

2020/9/14

退職する時、誰に相談するのがベスト?

多くの看護師がライフスタイルの変化やキャリアアップなどで転職の経験を持っているはず。転職するときは当然今の職場を退職しなければならない。そんなとき、あなたは誰に1番初めに相談した?相談相手を見誤ると、あらぬ噂が病棟内に広まってしまったなんてことも… 退職について誰にいつ相談すべ...

2020/9/7