1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. 看護師インタビュー
  5. 【看護師の転職story】第6回 学び直しセミナーの運営で地方の看護師たちの声に応える~株式会社ひとりガウン 代表取締役~

【連載】キャリアアップStory 私の「転職」と「いま」

【看護師の転職story】第6回 学び直しセミナーの運営で地方の看護師たちの声に応える~株式会社ひとりガウン 代表取締役~

  • 公開日: 2009/3/31
  • 更新日: 2020/3/26

 

「心電図を学校できちんと習っていないので、一度、基礎から勉強したい」「急性期病棟に異動になったので、人工呼吸器のことを一から学び直したい」――このような、すぐに役立つ臨床の基礎知識を学びたいという要望は、地方の中小病院の看護師たちの間でとてもよく聞かれます。そんな声に応えるため、出前の看護セミナー「出直し看護塾」を開催している看護師がいます。

口コミで大盛況のセミナー「出直し看護塾」

今、地方の看護師の間で大人気のセミナーがあります。それは株式会社ひとりガウンが開催する「出直し看護塾」。北は北海道から南は鹿児島県まで、各地方都市で開かれるセミナーには、毎回、定員いっぱいの100~180人が受講します。このセミナーを立ち上げ、講師役を務めるのが、同社の社長でもある青柳智和さんです。

「セミナーは『基本的なことだけをわかりやすく』がコンセプトで、看護師の目線で『知りたいと思う』ことと、管理職の視点で『知ってほしい』ことの2つに絞って構成しています。私が循環器内科病棟の師長として臨床現場で経験したことを基に、心電図や人工呼吸器の基礎知識などを具体的な例を挙げながら伝えている点が、分かりやすいと好評をいただく理由のようです」

規模の大きい総合病院や大学病院なら、このようなセミナーは院内教育に組み込まれていたり、現場のプリセプターや先輩看護師が指導する内容かもしれません。しかし、中小病院の多くは、院内で教育を行う時間的・人的余裕もないのが現実です。

だからといって、院外セミナーの多くは大都市圏で開かれており、地方で働く看護師が受講するには、時間的・経済的な負担が大きいです。しかも医療はますます高度化し、たとえ中小病院でも臨床現場には先進的な医療機器や新治療法が導入され、看護師には知識のブラッシュアップが求められています。

こうした現場の看護師たちが抱いている「臨床に合った基礎知識を、しっかり学び直したい」という要望に、青柳さんのセミナーは見事にフィット。セミナーを受けた看護師たちから口コミで評判が広がり、人気のセミナーとなりました。

セミナーの様子

「出直し看護塾」の講義風景。受講者は、復職を目指す看護師よりも、圧倒的に現職看護師が多い

「ひとりガウン」の商標登録証(左)と、「ひとりガウンRapix」の実用新案登録証(右)の写真

「ひとりガウン」の商標登録証(左)と、「ひとりガウンRapix」の実用新案登録証(右)。商品化には至らなかったが、実現に向けて奔走する中で、外からは見えない医療現場の仕組みや事業についての考え方を学んだ

「現場をよくしたい」と夢中で取り組んだ病院時代

今は事業を通して看護師を応援する青柳さんですが、臨床時代は、現場をよくするため、実にさまざまなことに取り組みました。

「心臓血管外科病棟で働いていたときに、「患者さんの呼吸管理は看護師の仕事であるはず」と考えた青柳さんは、3学会合同呼吸療法認定士の資格を取得。

しかし、「取得しただけではレベルアップはできない」と判断し、青柳さんは水戸市内の呼吸療法認定士に呼びかけて「水戸呼吸療法士会」を立ち上げ、定期的に勉強会を開催します。

また、手術室に異動してからは、「手術室には無駄なものが多すぎる」と感じ、青柳さんは1年間にわたってコストマネジメントを研究。手術に使う予定がないにもかかわらず、慣例で開封していた器材など不要なものを洗い出し、1年間で約500万円のコスト削減を実現しました。

業務改善をアイデアにして会社を設立

手術室では、緊急帝王切開の多忙さを少しでも緩和できないかと、介助者を必要とせず一人で着られる手術衣「ひとりガウン」を考案。これが現在の社名にもなっています。

「子どもの頃から、アイデアを形にして、いつかは特許を取りたいという夢がありました。試作しながら、自分で特許申請の書類も書いたのですが、『ひとりで着られる割烹着』というものがすでに申請されていたため、特許取得は断念しました。

ただし、手術衣として実用新案は取得できたので、まず会社を設立したのです。関東甲信越の手術看護学会で発表したところ好評だったのですが、結局、コストとの兼ね合いで商品化はあきらめざるを得ませんでした」。

この記事を読んでいる人におすすめ

看護師インタビューの新着

第9回 目指すは“カッコ良い”看護師【 医療法人 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 実は今まで看護師を目指したきっかけを、内緒にしてきたんです。でも自分の中で考え方が変わったので、今回は本音をお話します。私が看護師を目指したきっかけ……それは『ベン・ケーシー』という、医療関係の海外ドラマへの憧れです。急患が運ばれ、手術室の扉...

2020/2/7

第8回 患者さん一人ひとりの心と、対話をするように寄り添う【医療法人社団 明芳会 新戸塚病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 小さな頃は保健室の先生になりたいと思っていたんです。学校で体調が悪くなって保健室に訪れた時の安心感や、先生がずっと傍に付いていてくれたという信頼感がずっと印象として強く残っていたんですよ。その時の想いは、将来を考え始める年齢になってもブレませ...

2020/1/31

第7回 迷ったときは相手の立場に【小田原市立病院 看護部長/副院長】

看護師を志したきっかけ きっかけは自分の意思ではないのですよ。母が看護師という仕事に憧れていまして、それはもう熱狂的にすすめられたのです。看護学校では自分の意思で「看護師」を選んだ人がほとんどでしたので「これで良かったのかな、自分で選んだ道じゃないのに」…ってどこか...

2020/1/30

第1回 看護師自身の感性や価値観を高めることが大切

がんが引き起こす痛み 患者さんの中には、痛みに関して我慢する事が美徳だ、という考えを持っている方がいらっしゃいます。特にご年配の方に多い印象があります。痛みの程度や感じ方は人によって違うため、痛みを我慢していることになれている人は、つい我慢をしがちです。しかし、痛み...

2020/1/24

第6回 看護の根底、それはズバリ“愛”【医療法人社団青葉会 牧野記念病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 「何かの資格を持って、ずっと仕事をしていたい」という思いがいつもありました。そうして働ける職業の選択肢として、学校の先生か看護師さんになれたらな、と思っていたんです。最初は、小さい頃から憧れていた小学校の先生への道を志しました。 だけど...

2020/1/17

転職の新着

【看護師の転職story】第3回 全病棟の患者さんを受け入れるアロマセラピー外来を開設

リラックス効果やリフレッシュ効果、症状軽減効果が注目され、補完・代替医療の分野だけでなく、福祉やエステティック、スポーツなどの幅広い分野に取り入れられているアロマセラピー。医療施設では、周産期患者さんを対象にアロマケアを実施するところが増えています。今回は、アロマセラピー...

2019/6/28

【看護師の転職story】第9回 がん放射線療法看護の道へ21年目のキャリアアップ

がんの放射線治療は、技術の発展によって、根治目的から再発予防、症状緩和まで幅広く適用されており、身体侵襲やQOL低下も少ないため、今後もがん医療のなかで担う役割は大きくなると考えられています。 この分野では、装置や照射法の知識、セルフケア指導や有害事象対策の技術など...

2019/4/5

【看護師の転職story】第1回 「食べる喜び」は、「生きる喜び」です。~NST専門療法士~

日々の看護のふとした瞬間に、それまで気に留めなかったことに新たな興味が生まれたり、現状を変えたいという思いが芽生えることがあります。それは、一通りの看護ケアに自信をつけた経験3~5年目の看護師が出合う、「転機」のきっかけかもしれません。この連載では、模索を経て大きく成長し...

2011/7/19

企業で働きたい!看護師さんに大人気「産業保健師・看護師」お仕事ご紹介

「産業保健師」人気の理由はその働きやすさ。また、最近ではより一層従業員の健康管理が注目されており、非常にやりがいのあるお仕事です。 エス・エム・エスでは、未経験からチャレンジしてみたい看護師さんや保健師さんを募集しています。 オンライン説明会のweb申込は...

2011/4/24

【看護師の転職story】第8回 「病棟口腔ケアの悩みを解決する!」~口腔ケアリンクナース~

近年、口腔ケアが全身にもたらす予防効果が明らかにされています。口腔ケアは、基本的な看護ケアですが、その手順、物品選び、疾患に配慮した個別対応がわからないという声もよく聞かれます。獨協医科大学病院では、研修会や認定試験を通して、口腔ケアリンクナースを育成し、各病棟に合った口...

2009/3/31