1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護管理
  4. 看護管理・教育
  5. マネジメント
  6. 第15回 生命に直結する厳しい現場 だからこそ明るい雰囲気づくりを大切に【横浜栄共済病院 看護部長】

【連載】看護部長インタビュー

第15回 生命に直結する厳しい現場 だからこそ明るい雰囲気づくりを大切に【横浜栄共済病院 看護部長】

  • 公開日: 2019/7/12
  • 更新日: 2020/3/26

 

患者さん中心のネットワークづくりに力を入れる横浜栄共済病院の看護部長・宮下京子さんは、強靱な指導力と湧き出るアイデアでさまざまな取り組みや工夫を具現化させてきました。今回は、採用に、教育に活かされた「宮下さん流」について聞きました。


「看護師を増やしてください」という切実な声から始まった

──以前は、横須賀北部共済病院の看護部長を務められていたと聞きました。

看護学校卒業後、最初に入職したのが横須賀北部共済病院で、それからは「北部」一筋(笑)。50歳で看護部長になり、そこから5年間務めましたが、横須賀共済病院との統合を機に当院看護部長への異動を命じられました。北部ではちょうど看護部のさまざまな体制が整い始めた矢先だったし、愛着もあったから、それはそれはショックでしたね。

当院に着任して1日目にまず言われたのは、「看護師を増やしてください」という一言(笑)。それも現場からでた切実な言葉でした。10対1もままならない状況に、「これは大変だ、一からやり直さなければ!」と思いを新たにしました。というのも、北部で看護部長に着任した当時と状況がまるっきり同じだったんですね。

──何か原因に心当たりがあったのでしょうか?

看護師が集まらない理由を考えてみると、北部も当院も共通していて、医師への依存性が高く、指示任せで自分で考える自立した看護をしていなかったから。看護師がイキイキと働いていない職場は、今の若い人たちには何の魅力も感じられず、すぐに辞めてしまう要因になっていたと思います。

そこで、自立した看護へ改革するために、「楽しく看護する」という発想で新体制をスタートさせることにしました。看護や医療は生命に直結しているだけに、新人時代から厳しく教育され、現場は難しくとらえがちです。遊び心や楽しさといっては語弊があるかもしれませんが、やはり緊張感ばかりでなく、もっと軽やかに、余裕をもった心で臨むことも必要だと思ったのです。

身だしなみのチェンジからキャラクターづくりまで

──具体的にはどんな工夫をされたのでしょう。

人を集めるには、興味を示してもらうことが必要です。わかりやすさ、イメージのしやすさを考え、手始めに身だしなみから変えることにしました。

白衣は当院オリジナルと業者で売れ行きナンバーワンの既存のデザインの2種類を採用、エプロンは白からピンクに、カーディガンは紺一色から淡色ならOKに、化粧をしましょう、長い髪はシュシュなどできれいにまとめましょう、といった具合です。

また、当院の紹介パンフレットを文章だけのものから、看護部キャラクターSAKAEちゃんが案内する、イラストを多用した内容に変更。教育支援や福利厚生をライフサイクルに沿って段階的にみせる工夫をしました。さらに、キャリアラダーや職種ごとにキャラクターのバッチをつくり、スタッフに配って襟元を飾ってもらいました。

──その効果はいかがでしたか

効果は抜群で、就職セミナーでは当院のパンフレットはすぐになくなってしまうほど。「可愛いパンフレットをつくっている病院を見てみたい!」と見学や面接希望が倍増しました。昨年から今年にかけておよそ120名を採用しましたが、「ここで働きたい!」と思ってもらえることが、どれほど重要かがわかりますよね。

こうなると、看護部のスタッフの意識も変わってきます。以前は見学者が来院するたびに、口を酸っぱくして「皆さん、笑顔で挨拶よ! 笑顔を忘れずにね!」と言ってきました(笑)。でも今は注目度が違うから、働く看護師たちの雰囲気も表情も格段に明るく、イキイキとしているんですね。患者さんや医師からも、「きれいになったね」とお褒めの言葉をいただいているんですよ(笑)。

すべての看護師が教育にかかわれるように

──「自立した看護」の実践については、どのようなことに気を配られたのですか。

人を育てることが最重要課題と考え、スタッフ全員が「自分が育てていく」という意識がもてるよう、教育を教育委員会などの一部の担当者任せにせず、ほとんどの看護師が段階的にかかわれるようにしました。

例えば、新人オリエンテーションでは、写真を多用して読みやすくつくり直した看護手順をもとに、講師に指名された者が講義用の指導案を作成します。それを事前に看護部でチェックし、指導しながらようやく本番を迎えます。講義では私も一スタッフとして、現場で一緒に考えながら聞くようにしています。看護師にも一人一人個性があるので、それを尊重しながらかかわることが大事なんですね。

時間はかかるしエネルギーも必要だし、道のりは長いかもしれませんが、地道な努力の積み重ねが結果的には近道になる、いつか必ず実を結ぶと信じています。新人に対して優しくなれるメリットもあるんですよ。

──宮下さんには、これまでに強く影響を受けた方はいましたか。

若い頃は、看護とは患者さんに優しくすることで、笑顔や声かけをしていればよいと単純に考えていました。そんななか30代後半で出会った教育担当婦長に、「看護をするときに、なぜ医師に判断を委ねるの?」と聞かれたんです。

当時は術後の清拭ですら、「もう清拭していいですか?」と医師の判断を受けていた時代。「言われたことだけをやっていてはダメなの?」と事あるごとにその言葉が引っかかりました。「看護っていったい何?」と悩んでいると、婦長が一冊の本をくれたのです。

※(次のページは、宮下さんが目指す看護の原点についてです。)

マネジメントの新着

第9回 目指すは“カッコ良い”看護師【 医療法人 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 実は今まで看護師を目指したきっかけを、内緒にしてきたんです。でも自分の中で考え方が変わったので、今回は本音をお話します。私が看護師を目指したきっかけ……それは『ベン・ケーシー』という、医療関係の海外ドラマへの憧れです。急患が運ばれ、手術室の扉...

2020/2/7

第8回 患者さん一人ひとりの心と、対話をするように寄り添う【医療法人社団 明芳会 新戸塚病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 小さな頃は保健室の先生になりたいと思っていたんです。学校で体調が悪くなって保健室に訪れた時の安心感や、先生がずっと傍に付いていてくれたという信頼感がずっと印象として強く残っていたんですよ。その時の想いは、将来を考え始める年齢になってもブレませ...

2020/1/31

第7回 迷ったときは相手の立場に【小田原市立病院 看護部長/副院長】

看護師を志したきっかけ きっかけは自分の意思ではないのですよ。母が看護師という仕事に憧れていまして、それはもう熱狂的にすすめられたのです。看護学校では自分の意思で「看護師」を選んだ人がほとんどでしたので「これで良かったのかな、自分で選んだ道じゃないのに」…ってどこか...

2020/1/30

第6回 看護の根底、それはズバリ“愛”【医療法人社団青葉会 牧野記念病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 「何かの資格を持って、ずっと仕事をしていたい」という思いがいつもありました。そうして働ける職業の選択肢として、学校の先生か看護師さんになれたらな、と思っていたんです。最初は、小さい頃から憧れていた小学校の先生への道を志しました。 だけど...

2020/1/17

第5回 患者さんに密着した看護は市民の生活を知ることから【医療法人社団愛信会 佐倉中央病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 母方の祖父が開業医で、祖母は看護師をしていました。私が生まれた頃に祖父は他界してしまっていたので現役の祖母の姿は見ていないのですが、話は母からよく聞かされていて、それによると祖母は、いわゆる白衣の天使のイメージとは離れた厳しい人でした。 ...

2020/1/10

看護師インタビューの新着

第1回 看護師自身の感性や価値観を高めることが大切

がんが引き起こす痛み 患者さんの中には、痛みに関して我慢する事が美徳だ、という考えを持っている方がいらっしゃいます。特にご年配の方に多い印象があります。痛みの程度や感じ方は人によって違うため、痛みを我慢していることになれている人は、つい我慢をしがちです。しかし、痛み...

2020/1/24

第4回 想像が創造につながる 看護はクリエイティブな職業【医療法人蒼龍会 武蔵嵐山病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 実はこれといったきっかけがあるわけじゃないんですよ。母が教師をしていた影響で、私も教師になりたいな~って思ってたんです。それで教員学校を目指していたのですが、ひょんなことから受けた看護学校に合格したんです。 結局、教員学校は受験せず、そ...

2020/1/3

第3回 「一生続けていける仕事につこう」 今年でもう33年目になります【国立病院機構 千葉東病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 高校を卒業するとき、せっかくなら「一生続けていける仕事に就こう」と考えました。世の中には様々な専門職がありますが、なかでも一番身近に感じられたのが看護職です。特に健康に問題の無い私でも、小さい頃から何度も病院のお世話になっていましたからね。そ...

2019/12/27

第2回 患者さんに寄り添う看護を追求します【狭山病院副院長】

看護師を志したきっかけ 親戚に看護師が2人いたので、「看護師」はすごく身近な職業でした。特にコレといったきっかけがあったわけでもないけど、振り返ってみると、小学校高学年の頃になるでしょうか。学校から帰ってくるとランドセルを置いてすぐに、親戚が勤めている診療所へ遊びに...

2019/12/25

第1回 自身の看護に対するこだわりを自慢できるように育ってほしい【聖マリアンナ医科大学4病院 ナースサポートセンター長(統括看護部長)】

自身の看護観 看護師として一番大事なのはもちろん現場です。私が「看護師」という仕事を見つめ直すきっかけとなったのは、平成7年に看護短大の教員になったときです。教員になるということに迷いはありましたが、現場で身につけたことが少しでも伝えられるなら、と思い教員となる決断...

2019/12/20