1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. 看護師インタビュー
  5. 【看護師の転職story】第3回 全病棟の患者さんを受け入れるアロマセラピー外来を開設

【連載】キャリアアップStory 私の「転職」と「いま」

【看護師の転職story】第3回 全病棟の患者さんを受け入れるアロマセラピー外来を開設

  • 公開日: 2019/6/28
  • 更新日: 2020/3/26

 

リラックス効果やリフレッシュ効果、症状軽減効果が注目され、補完・代替医療の分野だけでなく、福祉やエステティック、スポーツなどの幅広い分野に取り入れられているアロマセラピー。医療施設では、周産期患者さんを対象にアロマケアを実施するところが増えています。今回は、アロマセラピー外来を立ち上げ、周産期以外のさまざまな疾患患者さんへのケアへと広げた助産師を紹介します。


親友の産後ケアをきっかけにアロマを知って

助産師として、またアロマセラピストとして、東京警察病院でアロマセラピー外来を担当している横田実恵子さん。彼女は、現在のようにアロマセラピーが注目される以前から、アロマセラピーに興味をもち、スクールに通って認定資格を取得しました。そのきっかけは、親友である産婦人科医師の産後に、自宅を訪れたときのことでした。

「出産後の彼女はとても疲れているように見えました。私はそれまでも助産師として、さまざまなお母さんたちをケアしてきましたが、その期間はせいぜい出産前後の1週間ぐらいです。退院して赤ちゃんのお世話をしているお母さんたちは、こんなに疲れているのだと初めて知りました。そこで彼女に『今、何をしてほしい?』と聞いたところ、『マッサージをしてほしい』と言ったのです」

そして横田さんに、「妊産婦さんにはマッサージが必要だと思うから、患者さんに取り入れようよ! どこかで勉強してきてくれない?」と頼んだのです。横田さんも、産婦人科医師でもある彼女が言うのだからと、マッサージを学べる学校を探しているときに行き着いたのが、アロマセラピーでした。

スタッフの協力を得ながら学びを重ねて

妊産婦さんや患者さんを対象に行うには「基礎からしっかり学べる学校を」と、調べた結果、英国IFA認定アロマセラピストの資格が取得できる都内の学校に通うことにしました。

「この資格も今では日本で試験を受けられますが、当時は解剖生理学やボディマッサージ、アロマセラピーの理論と実技を日本で勉強してから、さらにイギリスに3週間滞在し、イギリスのアロマセラピストの授業を受け、最後に認定試験があり、合格すると資格が取得できました」

学校の課題として出された30症例のレポートを提出するため、職場のスタッフにお願いして、アロママッサージの練習台になってもらいました。

「夕方、靴が履けないほどにむくんでしまった看護師の足が、マッサージで靴がゆるくなるほど解消されるのです。その効果に私自身驚き、同僚たちもとても喜んでくれました」

効果を目の当たりにした横田さんは、下肢のむくみや腰痛、背中の痛みなどのマイナートラブルで悩む妊婦さんたちにも、ぜひアロマセラピーを行いたいと考えたのです。

看護研究データをもとに外来開設へ

ちょうどそんな時期のことです。入職3年目の看護師たちが中心になって行う院内の看護研究のテーマに、同じ病棟の助産師たちがアロマセラピーを選び、横田さんも協力しました。

その研究で集めた妊婦さんや患者さんからの、「よかった」「楽になった」という評価などのデータを基に、産婦人科病棟内でのアロマセラピー外来の必要性を上司に伝え、その上司が病院側と交渉した結果、2006年に妊産婦さんを対象にしたアロマセラピー外来が実現しました。

「他院のアロマセラピスト資格をもつ看護師から、『どうしたらアロマセラピー外来を開設できるのか』とよく聞かれるのですが、やはり説得できるデータが必要だと思います。アロマはローリスク、ハイリターンで収益性も高いので、認められやすいと思います。それに現場のスタッフの『患者さんのためによいことをしたい』という意向を、主任や師長などの上司が後押ししてくれるという、職場環境に恵まれていたのだと思います」

助産師としてお産の介助にあたる横田さんの写真

助産師としてお産の介助にあたる横田さん。分娩室でも、患者さんの好みによってアロマを焚いたり、マッサージが行われる。母親学級では、オリジナルの精油づくりを体験してもらうなど、アロマに馴染んでもらう工夫も

産婦さんの陣痛を和らげるために行う腰部のアロママッサージの様子

産婦さんの陣痛を和らげるために行う腰部のアロママッサージ

次ページへ続きます。

この記事を読んでいる人におすすめ

看護師インタビューの新着

第9回 目指すは“カッコ良い”看護師【 医療法人 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 実は今まで看護師を目指したきっかけを、内緒にしてきたんです。でも自分の中で考え方が変わったので、今回は本音をお話します。私が看護師を目指したきっかけ……それは『ベン・ケーシー』という、医療関係の海外ドラマへの憧れです。急患が運ばれ、手術室の扉...

2020/2/7

第8回 患者さん一人ひとりの心と、対話をするように寄り添う【医療法人社団 明芳会 新戸塚病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 小さな頃は保健室の先生になりたいと思っていたんです。学校で体調が悪くなって保健室に訪れた時の安心感や、先生がずっと傍に付いていてくれたという信頼感がずっと印象として強く残っていたんですよ。その時の想いは、将来を考え始める年齢になってもブレませ...

2020/1/31

第7回 迷ったときは相手の立場に【小田原市立病院 看護部長/副院長】

看護師を志したきっかけ きっかけは自分の意思ではないのですよ。母が看護師という仕事に憧れていまして、それはもう熱狂的にすすめられたのです。看護学校では自分の意思で「看護師」を選んだ人がほとんどでしたので「これで良かったのかな、自分で選んだ道じゃないのに」…ってどこか...

2020/1/30

第1回 看護師自身の感性や価値観を高めることが大切

がんが引き起こす痛み 患者さんの中には、痛みに関して我慢する事が美徳だ、という考えを持っている方がいらっしゃいます。特にご年配の方に多い印象があります。痛みの程度や感じ方は人によって違うため、痛みを我慢していることになれている人は、つい我慢をしがちです。しかし、痛み...

2020/1/24

第6回 看護の根底、それはズバリ“愛”【医療法人社団青葉会 牧野記念病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 「何かの資格を持って、ずっと仕事をしていたい」という思いがいつもありました。そうして働ける職業の選択肢として、学校の先生か看護師さんになれたらな、と思っていたんです。最初は、小さい頃から憧れていた小学校の先生への道を志しました。 だけど...

2020/1/17

転職の新着

【看護師の転職story】第9回 がん放射線療法看護の道へ21年目のキャリアアップ

がんの放射線治療は、技術の発展によって、根治目的から再発予防、症状緩和まで幅広く適用されており、身体侵襲やQOL低下も少ないため、今後もがん医療のなかで担う役割は大きくなると考えられています。 この分野では、装置や照射法の知識、セルフケア指導や有害事象対策の技術など...

2019/4/5

【看護師の転職story】第1回 「食べる喜び」は、「生きる喜び」です。~NST専門療法士~

日々の看護のふとした瞬間に、それまで気に留めなかったことに新たな興味が生まれたり、現状を変えたいという思いが芽生えることがあります。それは、一通りの看護ケアに自信をつけた経験3~5年目の看護師が出合う、「転機」のきっかけかもしれません。この連載では、模索を経て大きく成長し...

2011/7/19

企業で働きたい!看護師さんに大人気「産業保健師・看護師」お仕事ご紹介

「産業保健師」人気の理由はその働きやすさ。また、最近ではより一層従業員の健康管理が注目されており、非常にやりがいのあるお仕事です。 エス・エム・エスでは、未経験からチャレンジしてみたい看護師さんや保健師さんを募集しています。 オンライン説明会のweb申込は...

2011/4/24

【看護師の転職story】第8回 「病棟口腔ケアの悩みを解決する!」~口腔ケアリンクナース~

近年、口腔ケアが全身にもたらす予防効果が明らかにされています。口腔ケアは、基本的な看護ケアですが、その手順、物品選び、疾患に配慮した個別対応がわからないという声もよく聞かれます。獨協医科大学病院では、研修会や認定試験を通して、口腔ケアリンクナースを育成し、各病棟に合った口...

2009/3/31

【看護師の転職story】第7回 患者さんのADL獲得は「生きる証し」~脳卒中リハビリテーション看護認定看護師~

脳卒中患者さんのリハビリには、看護師などが行う早期からの日常動作への支援が効果的であることが分かってきました。患者さんの病状に配慮し、このような専門性の高い看護を実践するために、2008年、日本看護協会の認定看護分野に、新たに「脳卒中リハビリテーション看護」が特定され、2...

2009/3/31