1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. 看護師インタビュー
  5. 第3回 各病棟を回るので院内では有名人です

【連載】認定看護師インタビュー

第3回 各病棟を回るので院内では有名人です

  • 公開日: 2019/11/15
  • 更新日: 2020/3/26

 

皮膚・排泄ケアの分野

ストーマケアからストーマ周囲の皮膚障害や手術後の失禁、スキントラブルへの対応の必要性が生じてできた、WOC(Wound・Ostomy and Continence Nursing)/皮膚排泄ケアという分野。アメリカで始まった、ストーマを中心としたケアの専門職であるET(Enterostomal Therapy Nursing)ナースとして認定を受け、現在は日本看護協会の皮膚・排泄ケア認定看護師資格でもある渡邊さんにお話を伺った。

認定看護師を志したきっかけ

日本に認定看護師制度ができる前の1993年に、アメリカで研修を受け、ETナースとなりました。その後、日本看護協会による認定看護師制度ができた時に、ETナース対象の移行措置により、認定看護師になりました。ですから、通常皆さんが通う研修学校へは行っていません。

当時はETナースという資格の認知度が低く、特にできる業務や権限が増えるということはありませんでした。勿論病院からの奨励もありませんので、研修の際も休職という選択肢はなく、資格を取りに行くのであれば退職をして行く、というのが一般的でした。今は休職扱いにしてくださる病院もたくさんありますから、とてもいい時代になったと感じています。

看護師インタビューの新着

第9回 目指すは“カッコ良い”看護師【 医療法人 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 実は今まで看護師を目指したきっかけを、内緒にしてきたんです。でも自分の中で考え方が変わったので、今回は本音をお話します。私が看護師を目指したきっかけ……それは『ベン・ケーシー』という、医療関係の海外ドラマへの憧れです。急患が運ばれ、手術室の扉...

2020/2/7

第8回 患者さん一人ひとりの心と、対話をするように寄り添う【医療法人社団 明芳会 新戸塚病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 小さな頃は保健室の先生になりたいと思っていたんです。学校で体調が悪くなって保健室に訪れた時の安心感や、先生がずっと傍に付いていてくれたという信頼感がずっと印象として強く残っていたんですよ。その時の想いは、将来を考え始める年齢になってもブレませ...

2020/1/31

第7回 迷ったときは相手の立場に【小田原市立病院 看護部長/副院長】

看護師を志したきっかけ きっかけは自分の意思ではないのですよ。母が看護師という仕事に憧れていまして、それはもう熱狂的にすすめられたのです。看護学校では自分の意思で「看護師」を選んだ人がほとんどでしたので「これで良かったのかな、自分で選んだ道じゃないのに」…ってどこか...

2020/1/30

第1回 看護師自身の感性や価値観を高めることが大切

がんが引き起こす痛み 患者さんの中には、痛みに関して我慢する事が美徳だ、という考えを持っている方がいらっしゃいます。特にご年配の方に多い印象があります。痛みの程度や感じ方は人によって違うため、痛みを我慢していることになれている人は、つい我慢をしがちです。しかし、痛み...

2020/1/24

第6回 看護の根底、それはズバリ“愛”【医療法人社団青葉会 牧野記念病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 「何かの資格を持って、ずっと仕事をしていたい」という思いがいつもありました。そうして働ける職業の選択肢として、学校の先生か看護師さんになれたらな、と思っていたんです。最初は、小さい頃から憧れていた小学校の先生への道を志しました。 だけど...

2020/1/17