1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護管理
  4. 看護管理・教育
  5. マネジメント
  6. 第1回 自身の看護に対するこだわりを自慢できるように育ってほしい【聖マリアンナ医科大学4病院 ナースサポートセンター長(統括看護部長)】

【連載】看護部長インタビュー

第1回 自身の看護に対するこだわりを自慢できるように育ってほしい【聖マリアンナ医科大学4病院 ナースサポートセンター長(統括看護部長)】

  • 公開日: 2019/12/20
  • 更新日: 2020/3/26

 

自身の看護観

看護師として一番大事なのはもちろん現場です。私が「看護師」という仕事を見つめ直すきっかけとなったのは、平成7年に看護短大の教員になったときです。教員になるということに迷いはありましたが、現場で身につけたことが少しでも伝えられるなら、と思い教員となる決断をしました。

しかし教員になって講義をしてもどうも違和感がありました。看護は「実践の科学」と言われるように、実践、経験がものをいう世界です。それが教員として通じないわけがないと思っていたのですが、うまく伝えることができませんでした。

そんなときにクルト・レビンという社会心理学者の「実践なき理論は空虚、理論なき実践は盲目」という言葉に出会い、私には実践はあるが理論がないと気がついたとき、私はもう教員の柄ではないと思い、現場に戻りました。そして現場で得た経験を概念化、理論化すべく、「看護現場学への招待」などの本を書きました。だからこそ現場の実践を通して看護のキャリアが発達していくことの重要性を今、伝えています。

現場で学んだ看護師としての仕事の意味

いつも話す経験があります。アミトロ(筋萎縮性側索硬化症)という難病の患者さんの話です。アミトロとは筋肉の病気で、体がすべて動かなくなり、まばたきだけしかできなくなる病気です。 大学病院に入院してもどんどん悪化し体は動かなくなり、呼吸器をつけられ、最初は「死にたい。死にたい。」としか言いませんでした。

しかしある看護師が、「俳句を作ったらどうか?」と提案しました。最初は反応がなかったのですが、後日もう一度聞いたところYESのサインが返ってきました。 最初に作られた俳句は今も覚えています。

「こまねずみ よくぞはたらく はちみなみ」(8南は病棟の名前)

それからだんだんと、「死にたい」という言葉が減っていきました。ある日その患者さんと懇意だった看護師がこの先、数年同じ病状が続くとしたらどうですか?と尋ねたところ、少し考えて、「つらくてもいきていたい」と答えました。なぜか?と聞くと、「みんなよくしてくれる」と。

この言葉にみな驚き、感激しました。 そのあと3年生きて、患者さんは亡くなりました。しかしどんな患者さんでも、明日亡くなるとわかっているとしても、今できる最高のケアをしつづける、それは医師や薬剤師ではなく、看護師唯一の仕事。改めて自分たちの仕事の意味がわかった思いがしました。

聖マリアンナ医科大学病院のこだわり

聖マリアンナ医科大学病院では、ケア・キュア・コアという3つの言葉で看護部の理念を表しています。療養上のお世話をするケア、診療の補助をするキュア、そしてその知識や技術の土台になるのが、患者さんの持っている個別のニーズに対応する、患者さんの持つ潜在能力を引き出せるようなナースとしてのかかわりのスキル、「コア」という考え方です。

看護部長になって一番最初にした仕事がこの理念を図にして浸透させることでした。看護師という仕事以外にも、最近では楽でお金をもらえる仕事は多いと思います。それでも看護師という仕事を選んだ人は少しでも人に役立つ仕事をしたいという思いがある人ではないでしょうか。

看護部であなたのやる気を高めるものは何?とアンケートを取ったところ、 1番は患者さんとの関わり、2番が人間関係、お給料は3番目でした。私はお給料や待遇改善ももちろんですが、まず看護師と患者さんとがうまく関われるような、その中でやりがいを見つけられるような体制作りをしていかなければならないと思っています。

現場で働く看護師の方へのメッセージ

看護師になった人は真面目で、人の役に立ちたいという思いで来ている人が多いです。しかしこれから医療現場は楽になることはないと思います。看護師という仕事を選ぶなら、まずはやりきる覚悟を、なぜ看護師になりたかったかという強い意志が必要です。

それを経験のなかでどのように強めていけるか。5~6年たったら1例か2例でよいから、私にとってのアミトロの患者さんのような、印象的な経験が得られると思います。そこで自分の行いが患者さんの思いを変化させられたという自覚が持てた看護師は強いです。

いままで一番忘れられない患者さんって誰なのか、どうしてその方を思い出すのか。自分で自分を見つめなおす作業をすれば、自分の看護に対するこだわりが見えてきます。 これは若いうちだけでなく、3年、5年、10年と節目節目ごとに見直すべきだと思います。

そうして人に語れる、自慢できるような看護師に育ってほしいなと思います。そして現場が大好きな方と一緒に働きたいと思います。

マネジメントの新着

第9回 目指すは“カッコ良い”看護師【 医療法人 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 実は今まで看護師を目指したきっかけを、内緒にしてきたんです。でも自分の中で考え方が変わったので、今回は本音をお話します。私が看護師を目指したきっかけ……それは『ベン・ケーシー』という、医療関係の海外ドラマへの憧れです。急患が運ばれ、手術室の扉...

2020/2/7

第8回 患者さん一人ひとりの心と、対話をするように寄り添う【医療法人社団 明芳会 新戸塚病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 小さな頃は保健室の先生になりたいと思っていたんです。学校で体調が悪くなって保健室に訪れた時の安心感や、先生がずっと傍に付いていてくれたという信頼感がずっと印象として強く残っていたんですよ。その時の想いは、将来を考え始める年齢になってもブレませ...

2020/1/31

第7回 迷ったときは相手の立場に【小田原市立病院 看護部長/副院長】

看護師を志したきっかけ きっかけは自分の意思ではないのですよ。母が看護師という仕事に憧れていまして、それはもう熱狂的にすすめられたのです。看護学校では自分の意思で「看護師」を選んだ人がほとんどでしたので「これで良かったのかな、自分で選んだ道じゃないのに」…ってどこか...

2020/1/30

第6回 看護の根底、それはズバリ“愛”【医療法人社団青葉会 牧野記念病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 「何かの資格を持って、ずっと仕事をしていたい」という思いがいつもありました。そうして働ける職業の選択肢として、学校の先生か看護師さんになれたらな、と思っていたんです。最初は、小さい頃から憧れていた小学校の先生への道を志しました。 だけど...

2020/1/17

第5回 患者さんに密着した看護は市民の生活を知ることから【医療法人社団愛信会 佐倉中央病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 母方の祖父が開業医で、祖母は看護師をしていました。私が生まれた頃に祖父は他界してしまっていたので現役の祖母の姿は見ていないのですが、話は母からよく聞かされていて、それによると祖母は、いわゆる白衣の天使のイメージとは離れた厳しい人でした。 ...

2020/1/10

看護師インタビューの新着

第1回 看護師自身の感性や価値観を高めることが大切

がんが引き起こす痛み 患者さんの中には、痛みに関して我慢する事が美徳だ、という考えを持っている方がいらっしゃいます。特にご年配の方に多い印象があります。痛みの程度や感じ方は人によって違うため、痛みを我慢していることになれている人は、つい我慢をしがちです。しかし、痛み...

2020/1/24

第4回 想像が創造につながる 看護はクリエイティブな職業【医療法人蒼龍会 武蔵嵐山病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 実はこれといったきっかけがあるわけじゃないんですよ。母が教師をしていた影響で、私も教師になりたいな~って思ってたんです。それで教員学校を目指していたのですが、ひょんなことから受けた看護学校に合格したんです。 結局、教員学校は受験せず、そ...

2020/1/3

第3回 「一生続けていける仕事につこう」 今年でもう33年目になります【国立病院機構 千葉東病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 高校を卒業するとき、せっかくなら「一生続けていける仕事に就こう」と考えました。世の中には様々な専門職がありますが、なかでも一番身近に感じられたのが看護職です。特に健康に問題の無い私でも、小さい頃から何度も病院のお世話になっていましたからね。そ...

2019/12/27

第2回 患者さんに寄り添う看護を追求します【狭山病院副院長】

看護師を志したきっかけ 親戚に看護師が2人いたので、「看護師」はすごく身近な職業でした。特にコレといったきっかけがあったわけでもないけど、振り返ってみると、小学校高学年の頃になるでしょうか。学校から帰ってくるとランドセルを置いてすぐに、親戚が勤めている診療所へ遊びに...

2019/12/25

第11回 患者さんの痛みを必死で分かろうとするような看護師に【医療法人財団 東京勤労者医療会 看護部長】

看護師を志したきっかけ 一つは、看護師だった姉の影響が大きいですね。姉が患者さんの話をしてくれたり、活き活きと働いて家に帰ってくる、その様子を見て、「看護師さんっていいな」と朧げながらも憧れを持ったんだと思います。 もう一つは、女性が社会に出て働き続けるという...

2019/11/29