まなび

わかりやすい看護用語まとめ

ハネムーン、サタデーナイトなどなど。異名が多い橈骨神経麻痺のおさらい

2020/3/28

橈骨神経麻痺
読み方:とうこつしんけいまひ

 

橈骨神経麻痺とは

橈骨神経が外力により圧迫または損傷されることにより生じる麻痺のこと。ハネムーン症候群、サタデーナイト症候群、愛人麻痺とも呼ぶ医療者もいる。

症状

橈骨神経が上腕の中央部で傷害されると下垂手に。肘関節の屈側で傷害されると下垂指になる。

下垂手

手首の背屈と手指の付け根の関節(MP関節、中手指骨関節)が伸ばせなくなる。手首と指が下がった状態。drop handと呼ばれる。第1関節(DIPとIP)と第2関節(PIP)は伸展可能。

下垂指

手首の背屈は可能。しかし手指の付け根の関節の伸展ができなくなる。指のみが下がった状態。そのために下垂指と呼ばれる。後骨間神経という運動神経のみが傷害された場合、感覚の異常はない。

治療

骨折や脱臼などの外傷や腫瘤によるものは早期に手術が必要。

治療

原因が骨折や脱臼などの外傷、神経損傷、腫瘤によるものなどは手術が必要。神経の手術で回復の望みの少ない場合は、ほかの筋肉で動かすようにする腱移行手術がおこなわれる。

回復の可能性があったり、原因不明の場合は保存的治療(安静、リハビリなど)をするが、まったく回復しない場合や麻痺が進行する場合は手術することもある。

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索