まなび

わかりやすい看護用語まとめ

上肢の神経障害、正中神経麻痺のおさらい。

2020/3/18

正中神経麻痺
読み方:せいちゅうしんけいまひ

 

正中神経麻痺とは

正中神経が何らかの影響で切断、牽引、挫滅などの障害を受けることで生じる麻痺。

症状

正中神経の傷害がどこで生じているかによって症状が異なる。

肘より上のレベルの外傷による傷害の場合
母指から環指母指側1/2までの掌側の感覚障害によって、手首の屈曲、手指の屈曲、母指の付け根の筋肉(母指球筋)の筋力が障害される。

前腕から手首までの間の正中神経の傷害の場合
母指~環指1/2指の感覚障害と母指球筋障害。手根幹症候群と同様。

治療

原因が骨折や脱臼などの外傷、神経損傷、腫瘤によるものなどは手術が必要。神経の手術で回復の望みの少ない場合は、ほかの筋肉で動かすようにする腱移行手術がおこなわれる。

回復の可能性があったり、原因不明の場合は保存的治療(安静、リハビリなど)をするが、まったく回復しない場合や麻痺が進行する場合は手術することもある。

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索