エッセイ

看護師のアルバイト事情。副業、本業のメリットデメリット

2019/9/7

「もっと稼ぎたい」「空いている時間に、アルバイトってできるのかな?」そうお考えの看護師さんへ、今回は実際に看護師としてアルバイト経験のある筆者が、看護師のアルバイト事情について解説します!

 

看護師のアルバイトってどんなものがあるの?

看護師のアルバイトとして、以下の方法があげられます。

非常勤として、直接企業と契約する

一般的にあるケースとして、本業とは別に、看護師のアルバイトを募集している企業へ直接応募する方法です。このケースでは常勤とは違い、非常勤では週1回など自分にとって都合のよい勤務日・勤務時間を選ぶことができる、というメリットがあります。

しかし、シフト制で勤務をしている看護師さんがアルバイトとして非常勤で看護師をする場合は、決まった曜日や時間を空けるのは難しいため、実際にアルバイトとして非常勤勤務をするケースは珍しいといえます。

派遣会社からの紹介

「自分の空いている日、時間で働きたい!」という要望を叶えやすいアルバイト方法としてあげられるのが、派遣会社へ登録し、そこから単発でのアルバイトを紹介してもらう、という方法です。

休みの日などに合わせて近隣の仕事を紹介してもらえるので、とても効率よく仕事をすることができます。一回登録さえしておけば、そのまま登録は継続されるため、毎月必ず入らなければいけないといった制約もなく、自由にシフトを入れることができます。

在宅ワークという方法も

派遣会社から紹介してもらう仕事以外にも、在宅ワークという方法もあります。在宅ワークとは文字通り、家にいながら仕事をするということになります。在宅ワークでは行う日時について指定がないため、家での空いた時間に行うことが可能です。

看護師という専門性を生かして、自宅で電話相談をしたり、筆者のように記事を書く仕事をしたりしている方もいます。

 

把握しておくべきメリットとデメリット

簡単に看護師ができるアルバイトについてご紹介してきましたが、ここからはアルバイトを始める前にぜひ把握しておいていただきたい、メリットやデメリットをご紹介します。

メリット1 幅広い視野が身につく

看護師がアルバイトをするメリットとして、まずあげられるのが「幅広い視野が身につく」ということです。

実際に筆者は派遣会社を通して、特老やデイサービス、訪問入浴での看護業務を経験しました。「退院後、患者さんはどのように過ごしているのか」を実際に垣間見ることができました。

この経験は、病院での退院指導にも生かすことができています。アルバイトをしているからこそ、実際にそういった現場を経験することができるというのは、看護師として大きなメリットになると思います。

メリット2 収入がUPする

アルバイトをする理由としてあげられる「収入UP」。仕事にもよりますが、8時間勤務することで1万円以上の報酬を得ることができるため、働けば働くほど収入は確実にUPします。様々な事情でより収入をUPさせたいと考えている方にとって、このメリットはとても大きいと思います。

デメリット1 職場によってはアルバイトを禁止しているところもある

デメリットとしてまず上げられるのが、職場によっては看護師の副業、つまりアルバイトそのものを禁止しているところもある、ということです。特に国公立の病院は、身分が「公務員」であるため、副業が一切禁止されていて、注意が必要です。

アルバイトを始めるにあたっては、まず自分の職場がアルバイトを禁止していないかどうかを就業規則で確認しておきましょう。

デメリット2 休日が少なくなり、体調管理が難しい

一看護師が本業の他にアルバイトをするデメリットとして「体調管理が難しくなる」ということがあります。特に夜勤明けや休日などに仕事を入れてしまうと、ただでさえ少ない睡眠時間がさらに削れてしまうため、体調を崩しやすくなります。

派遣会社から紹介された仕事は、原則として一度引き受けるとキャンセルすることはできないという決まりになっていることも多いため、体調不良で休むと次から仕事を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあります。

「本業だけで精一杯」という方は、体調管理ができるようになるまではアルバイトは控えたほうが無難です。

デメリット3 年間30万円を超えると確定申告が必要

体調管理ができていても、もうひとつ注意しなければいけないのが、アルバイトでの収入金額です。本業以外にも年間30万円以上の収入があった場合は、自分で確定申告をして、その分の税金を納めなくてはいけません。逆を言えば、年間30万円以内に抑えることができれば申告は不要となるため、「年間30万円」というのをひとつの基準として覚えておきましょう。

◆アルバイトは最低でも3年以上経験を積んでからがオススメ

筆者も過去、様々な看護師のアルバイトを経験しました。その中で実感しているのが、「最低でも3年は経験を積んでからでないと、メリットは少ない」ということです。

中には新人看護師の方がアルバイトをしているケースもあるようですが、まだ経験の浅い方が介護施設へアルバイトに行き、症状にあった対応ができずにアルバイト先へ迷惑をかけてしまった、というケースも実際に聞いています。最低でも3年は経験を積んだ上でアルバイトをされることをオススメします。

 

アルバイトを通して、様々な看護経験を積んでみよう!

筆者はアルバイトで様々な看護の現場を経験しました。そしてそれが今、こうして文章を書く仕事にもつながっています。看護師として無駄な経験は、ひとつもありません。興味のある方はぜひ本業の支障にならない範囲でのアルバイトを、はじめてみても良いかもしれません。

 

この記事を書いたのは

山村 真子

看護師として働きながら、ライターの仕事もしている、アラフォーママナース。看護系以外にも、育児や病気、介護など幅広い分野の執筆を行っています。時短勤務中だが、毎日定時に帰れるはずもなく、保育園の送迎はいつもギリギリなのが最近の悩み。

イラスト・ミキ

エッセイの新着

関連するキーワード

検索