まなび

わかりやすい看護用語まとめ

明けない夜はない。ただし下剤1,800mlを飲み干せば。クエン酸マグネシウム(マグコロールP)とは?

2019/8/12

クエン酸マグネシウム(マグコロールP)
読み方:くえんさんまぐねしうむ(まぐころーるぴー)

 

クエン酸マグネシウム(マグコロールP)とは

下剤のひとつ。腸管の内容物を排出させて、空っぽにさせることが目的。腸管内に水分を貯留させることで、瀉下(水などをそそぎくだす、下痢など)作用を発現し腸管内洗浄効果を示す。

どんな時に使われる?

  • 大腸検査(X 線・内視鏡)
  • 腹部外科手術時
  • 特徴

    用量により峻下剤(強い作用の下剤)にも緩下剤(比較的弱い作用の下剤)にもなる。腹痛を伴わず、耐性も生じない。

    1,800mlの量を飲み干さなければならないことも

    大腸内視鏡検査前処置として、本剤を水に溶かして全量約1,800mL。成人の場合、これを検査予定時間の4 時間以上前に約1 時間かけて飲み干すことも。

    コメントを書き込む

    ・コメントは、運営部確認後に公開されます。

    ・メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれないコメントは表示されませんのでご注意ください(スパム対策)

    わかりやすい看護用語まとめの新着

    まなびの新着

    関連するキーワード

    検索