まなび

看護師国家試験対策

【疾病の成り立ちと回復の促進4】過去問で看護師国家試験対策!胞状奇胎後に発生しやすいのは何癌?

2019/12/21

過去13年分の看護師国家試験の問題から分野別に10問をピックアップして出題!

今回の出題分野は…

疾病の成り立ちと回復の促進

絞扼性イレウスとは?アジソン病とは?

無料会員登録をすると解答と解説も確認できます。なぜその答えなのかも正しく理解していきましょう。

それではさっそく問題を解いていきましょう!

第1問

消化管の異常とその原因の組合せで正しいのはどれか。

第2問

体重増加をきたしやすいのはどれか。

第3問

糖尿病性ケトアシドーシスで血中濃度が低下するのはどれか。

第4問

腎前性腎不全が起こるのはどれか。

第5問

胞状奇胎後に発生しやすいのはどれか。

第6問

疾患とその原因の組合せで正しいのはどれか。

第7問

貧血で正しいのはどれか。

第8問

じんま疹のアレルギーのタイプはどれか。

第9問

ネフロ一ゼ症候群で必ずみられるのはどれか。

第10問

大地震後、自家用車内での生活を余儀なくされた避難住民への肺塞栓症予防の生活指導で適切なのはどれか。


無料会員登録をして
解答と解説を確認しましょう。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、解答と解説は↓2ページ目↓で
1 2

看護師国家試験対策の新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索