まなび

看護師国家試験対策

【必修問題6】過去問で看護師国家試験対策!狭心症発作時の硝酸薬(ニトログリセリン)の適切な使用法は?

2019/4/1

過去13年分の看護師国家試験の問題から分野別に10問をピックアップして出題!

今回の出題分野は…

必修問題

本番前にチェックしておきたい基本的な問題を復習!

無料会員登録をすると解答と解説も確認できます。なぜその答えなのかも正しく理解していきましょう。

それではさっそく問題を解いていきましょう!

第1問

骨髄抑制が出現するのはどれか。

第2問

狭心症発作時の硝酸薬(ニトログリセリン)の適切な使用法はどれか。

第3問

250mg/5mlと表示された注射薬を200mg与薬するのに必要な薬液量はどれか。

第4問

膀胱留置カテーテルの固定用バルーンに入れるのはどれか。

第5問

一次救命処置はどれか。

第6問

アスベストが原因となる職業性疾病はどれか。

第7問

「障害の程度や特質にかかわらず、同年齢の市民と同等の基本的権利を有すること」を示すものであり、「障害者や高齢者を特別視せず、可能な限り通常の市民生活を送ることができるようにする」という考え方はどれか。

第8問

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を評価するうえで最も重要なのはどれか。

第9問

入院中の乳児のバイタルサインで最初に測定するのはどれか。

第10問

ホルモンを分泌するのはどれか。


無料会員登録をして
解答と解説を確認しましょう。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、解答と解説は↓2ページ目↓で
1 2

看護師国家試験対策の新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索