まなび

看護師国家試験対策

【疾病の成り立ちと回復の促進6】過去問で看護師国家試験対策!関節リウマチで起こる主な炎症はどれ?

2020/1/14

過去13年分の看護師国家試験の問題から分野別に10問をピックアップして出題!

今回の出題分野は…

疾病の成り立ちと回復の促進

解剖生理学も意識しながら、疾病に関する基礎知識を復習!

無料会員登録をすると解答と解説も確認できます。なぜその答えなのかも正しく理解していきましょう。

それではさっそく問題を解いていきましょう!

第1問

アルドステロンで正しいのはどれか。

第2問

関節リウマチで起こる主な炎症はどれか。

第3問

重症筋無力症について正しいのはどれか。

第4問

血液検査で抗凝固剤が入っている採血管を使用するのはどれか。

第5問

IV型(遅延型)アレルギー反応について正しいのはどれか2つ選べ。

第6問

肝硬変でみられる検査所見はどれか2つ選べ。

第7問

潰瘍性大腸炎と比べたクローン病の特徴について正しいのはどれか2つ選べ。

第8問

抗甲状腺ホルモン薬の副作用はどれか2つ選べ。

第9問

遺伝性疾患において男児に発症頻度の高い遺伝形式はどれか。

第10問

臓器提供が可能となる本人の書面による意思表示と家族の書面による承諾の組合せで正しいのはどれか。


無料会員登録をして
解答と解説を確認しましょう。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、解答と解説は↓2ページ目↓で
1 2

看護師国家試験対策の新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索