まなび

第106回看護師国家試験対策

第106回看護師国家試験の概要(試験日・出題範囲など)

2016/10/27

看護師国家試験、保健師国家試験、助産師国家試験の日程が厚生労働省より発表されました。 ここでは以下3つのことをお伝えします。

1. 看護師国試の概要

 -試験日
 -出題範囲
 -試験時間、問題数

2. ここが変わる!?第106回看護師国試

3. 国試の勉強方法


1. 看護師国試の概要

試験日

各種国家試験の日程はこちらです。看護師だけでなく、保険師・助産師国試の日程も掲載しています。

試験 日程 合格発表日
助産師 2017/2/16(木) 2017/3/27(月)午後2時
保健師 2017/2/17(金)
看護師 2017/2/19(日)

今年も解答速報を実施する予定です!!
※解答速報は看護師国家試験のみとなります
※解答速報詳細は後日公開します

出題範囲

大きく昨年度の国試と変更はありません。
・人体の構造と機能
・疾病の成り立ちと回復の促進
・健康支援と社会保障制度
・基礎看護学
・成人看護学
・老年看護学
・小児看護学
・母性看護学
・精神看護学
・在宅看護論
・看護の統合と実践

参照元:厚生労働省 看護師国家試験の施行


試験時間、問題数

第106回看護師国家試験の試験時間および問題数は、まだ発表されておりません。(2016年10月現在)
第105回看護師国家試験から変更がなければ以下の時間で試験が行なわれます。

●午前の部
午前09:50~午後12:30(計2時間40分)
●午後の部
午後14:20~午後17:00(計2時間40分)

各部120問ずつで計240問が出題されました。(第105回看護師国試より)

ここが変わる!?
第106回看護師国試

「看護の統合と実践」について

今後は「多重課題や集団へのアプローチに必要な広い知識を問う問題」が出題される可能性があります。
※これまでは、「看護におけるマネジメント」「災害と看護」「国際化と看護」からの出題。

参照元:厚生労働省 保健師助産師看護師国家試験制度改善検討部会報告書(案)

新傾向問題について

2016年8月1日付で厚生労働省から各看護学校宛に、「新たな問題を導入する」との通知があったようです。
新傾向の問題詳細はこちら

以上、国試の概要でした。

国試の勉強方法

国試合格に向けてもっとも有効対策方法は、過去問を解くことです。1問でも多くの過去問を解き、試験問題に慣れることが重要です。
忙しくて時間が取れない時はもたくさんあると思います。そんな時はスキマ時間をうまく活用しましょう。

スキマ時間に使える国試対策アプリ

アンケート調査によると、実に8割近くの受験生がアプリを利用していました。
※2016年の6月に実施した当社アンケートより

アプリの特徴

1. 無料で使える♪
2. 最新過去問を含む11年分の過去問がラクラク持ち運べる
3. グラフで勉強の進み具合がひと目でわかる。

appstore google-play

おわりに

皆さんの看護師国家試験合格に向けてナース専科が全力で応援・サポートしていきます。
新着情報もお届けしていきますので、定期的にチェックしてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. 看護師国家試験 会場一覧 看護師国家試験の合格率・合格に必要な点数(ボーダーライン)

第106回看護師国家試験対策の新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索