1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. コラム
  4. 無名の英雄ナースヒストリー file.01 クララ・バートン

【連載】世界の医療の話

無名の英雄ナースヒストリー file.01 クララ・バートン

  • 公開日: 2016/8/31
  • 更新日: 2018/12/13

 

08041909_57a314465c73a


「自然災害時や紛争地域で真っ先に目に入る赤十字マーク。

クララ・バートンは、そのきっかけを創ったといわれるナースです。激動の時代を生きた彼女の人生は私たちにどんな教訓を授けてくれるでしょうか。

引っ込み思案な少女時代

image04

クララは1821年、アメリカのマサチューセッツ州オックスフォードに生まれました。幼い頃から優秀だった彼女はとても引っ込み思案な子どもだったようです。それを心配した両親の強い勧めで17歳で教師になりました。

教師の仕事はクララの素質を十分に引き出し、リーダーシップや教育について様々なことを学びました。引っ込み思案な少女だった彼女は、約18年間教鞭をとり1852年にはボーデンタウンにフリースクールを開設します。フリースクールでは600人を超える生徒が学び、新しくスタッフを雇うまでになります。また、自治体のバックアップを受け更なる成功へ導きました。

しかし、当時は男尊女卑の厳しい時代。フリースクールの代表者になるはずだったクララを女性という理由のみで降格させ、教育委員会が指名した別の男性代表者にすげ替えたのです。それをきっかけにクララは過酷な労働環境で働くことを余儀なくされ、神経衰弱に陥ってしまいます。

その後ワシントンD.Cに移り、米国特許庁に転職をします。その役職で、クララは男性同様の給与をもらうことができた初めての女性職員となります。フリースクールでの経験を糧にし、男女の隔てなく能力相当の対価を求めたのです。

辛い経験をチカラに昇華できる強さは、臨床の現場でも必要な強さかもしれませんね。

人生の転機は南北戦争だった。

image03


南北戦争が始まった1861年、彼女は父スティーブンから戦争中の話を聞く機会を得ます。それは彼女に新しい使命を授けるきっかけとなりました。父の死後、なお続いていた南北戦争。クララはその傷病者のための医療用品の収集に奔走します。そして、”First-aid kit”今でいう救急箱の原型を創りました。

まだ誰もしていなかったその活動は政府から認められ、様々な戦場で野戦病院を開設し沢山の兵士を救いました。その姿は「戦場の天使」とまで言われるようになります。

その後、皮肉にも戦争のあるヨーロッパへ活動の場を広げることとなります。1870年フランスで始まった普仏戦争で国際赤十字の仕事に従事します。そこでもクララは最前線へ赴き、貧しい市民への救援物資の供給や、傷病者の看護に従事しました。戦後ドイツよりその功績を讃えられ、受勲しています。

この記事を読んでいる人におすすめ

世界の医療の話の新着

外国人患者が日本で快適に医療を受けられる環境を

日本に滞在、移住する外国人の人数は年々増加しています。2020年に東京オリンピックが開催されるのを契機に、今後日本を訪れる外国人数はますます増加する傾向にあると考えられています。そんな日本を訪れた外国人が感じる壁が言語です。 2013年に行われた調査では、7割の...

2016/9/14

地域のウェルネスセンターとして機能、ヘンリー・フォード病院

Via:HENRY FORD WEST BLOOMFIELD HOSPITAL まるで洗練されたリゾート施設のよう。これが総合病院だなんて! 世界の美しい病院を紹介するシリーズ、今回は 「The 25 Most Beautiful Hospitals in th...

2016/8/24

【ロンドン発】15人のアーティストたちが、病院をアート空間に変えた!

Via:bored panda 現代アートの美術館のような空間。 これはロンドンの王立こども病院(London Royal Children’s Hospital)の中にある、オープンスペース。子どもたちのプレイゾーンであるとともに、治療やリハビリなどにも使われている...

2016/8/17

妊婦に安心と幸せをもたらす試み、台湾のハローキティ病院

Via:shanghaiist 日本のサンリオから始まり、今では世界的にも有名となっているハローキティ。飲食施設やトイレ、ホテルや美容室などとコラボレーションしている所を見かけたことがある人は多いのかと思います。 そんな様々な業界とコラボレーションしているハローキティ...

2016/8/10

「見せる義足」がハンディキャップを個性に変える

「少しずつ、バリアフリーという概念が定着しつつある日本ですが、まだまだ障害に対する理解が浅いように感じます。 特に義足の装着は、パラリンピック等のアスリートたちの活躍で認知されるようになってきたものの、ファッションや日常生活での受け入れは乏しく、パンツで隠し生活をしているという...

2016/8/3

コラムの新着

看護師に向いている投資は3つ!中でも不動産投資がおすすめの理由とは

「将来は日勤のみのゆとりある働き方をしたいけど、夜勤なしだと収入が減ってしまう。今からお金を貯めるためには、貯金に加えて投資もしたほうがいいの?」 ハードワークの日々に疲れ、将来のために資産形成を考える看護師さんは少なくありません。 しかしいざ投資を始めようとして...

2021/11/5

【看護師の貯金事情】100万円、1000万円貯めるためには?1~3年目はいくら貯まる?

20代から比較的収入が高い看護師は、貯金も多いと思われがちです。 しかし実際には人の健康や命に関わるハードな仕事であるため、多くの看護師がストレスを抱えています。 「夜勤明けはテンションが高く、ネットショッピングでつい散在してしまう」 「休日も勉強会で忙しいため、貯...

2021/10/5

結婚や出産、実際いくらかかる?看護師のライフイベント別平均費用

看護師は新卒から一定の収入があるため、20代の独身時には生活に余裕のある人が多いと思います。 ただ、今後結婚や出産をする際にはそれなりの支出がかかります。 余裕があるうちに貯蓄をしておかなければ、各ライフイベントを楽しみにくいのではないでしょうか。   ...

2021/9/6

看護師も老後2,000万円必要?独身の場合は?本当に老後必要な金額を考えよう

少し前に話題になった、老後2,000万円問題。 「本当に2,000万円も必要なの?」 「看護師で独身の場合は?」 と思った人もいるのではないでしょうか?   結論から言うと、看護師や独身の場合は2,000万円必要とは限りません。 ...

2021/8/5

こんな看護師は採用したくない!そう思われる人の特徴と対策

看護師といえば、引く手あまたでいつでも転職できる職業だというイメージがあるかもしれません。実際に、看護師不足に悩んでいる施設は多く、中途採用試験もあちこちで行われています。ですが、施設側が求めているのは“入職後に長く活躍してくれる看護師”であり、そうでない場合にはいくら人手不足で...

2020/8/18