1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 新生児・小児看護
  5. アロマ・ハーブ
  6. 第29回 心と身体があたたまるハーブ&アロマ(2)実践編(最終回)

【連載】ナースの体調管理に役立つ! ハーブ&アロマケア

第29回 心と身体があたたまるハーブ&アロマ(2)実践編(最終回)

  • 公開日: 2013/4/3
  • 更新日: 2020/3/26

 

今回は、前回の概要編でご紹介した「心と身体があたたまるハーブ&アロマ」の活用法をご紹介します。

心と身体があたたまる「ハーブの活用法」

今回ご紹介するブレンドティーは、1人分の分量です。表記は目安ですので、お好みに調整してお楽しみください。淹れ方や飲み方は、第7回「ハーブティーの淹れ方」もご参考ください。

ジンジャーホットミルク

ジンジャーパウダーと牛乳を合わせて、心身がやわらぐホットドリンクをつくりましょう。ハチミツを加えるとまろやかなおいしさが楽しめます。プリンにもできますのでデザートにしたいとき試してみてください。

ジンジャーホットミルクの写真

材料

・ジンジャーパウダー 小さじ1/4
・牛乳 150ml
・蜂蜜(お好みで) スプーン小さじ1

手順

1)温めた牛乳にジンジャーパウダーを加えてよくかき混ぜます。
2)お好みでハチミツを加えて、ゆっくり飲んでください。

サフランブレンドティー

古代ギリシャやローマでは、香水としても親しまれていたサフラン。日本では江戸時代末期より、漢方薬に用いられるようになりました。冷えなどの不調におすすめのサフランに、心身があたたまるジンジャーを加えることで冬に適したハーブティーができあがります。

サフランブレンドティーの写真

サフラン:3本~5本、ショウガパウダー:小さじ1/4

アンジェリカブレンドティー

古来欧米で女性特有の症状に用いられ、現代は「女性の朝鮮人参」ともいわれるアンジェリカ。ヨーロッパでは悪魔を退ける神聖なハーブとしても認識があったようです。マザーハーブとして知られるジャーマンカモミールと、甘味のあるフェンネルを一緒にブレンドすると飲みやすくなります。

アンジェリカブレンドティーの写真

アンジェリカ:1、ジャーマンカモミール:1、フェンネル:1


次のページでは、心と身体があたたまる「アロマ活用法」をご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ

アロマ・ハーブの新着

第2回 統合医療における植物療法とその意義

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 ...

2014/1/4

第1回 ナースの体調管理に役立つ! ハーブ&アロマケア―医療と植物療法の歴史―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 医療の現...

2014/1/4

第4回 ハーブとアロマの基本―五感から人体へ働くフィトケミカル(植物化学)―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 医療の...

2014/1/4

第3回 ハーブとアロマの基本―フィトケミカル成分の人体への働き―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 医療の...

2014/1/4

第5回 ハーブとアロマの基本―安全に効果的に活用するために―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を単離・合成したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 ...

2014/1/4