1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 診療科から探す
  4. 在宅・地域
  5. へき地医療
  6. 第9回 美容外科が命を救う!?―患者さんにとっての容貌の重要性

【連載】Dr.パクのドタバタ離島医療奮闘記

第9回 美容外科が命を救う!?―患者さんにとっての容貌の重要性

  • 公開日: 2014/1/6
  • 更新日: 2020/3/26

 

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。

本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提供する「へき地医療」を通じ、“究極のプライマリ・ケア”と地域医療の実際を解説します。


波照間島で診療していると、予想もしなかった患者さんに出会うことがあります。

クラゲ刺傷や蜂刺傷などはもちろん、耳に虫、目に天ぷら油、たまに切断指が自然治癒した痕を見ることもあります(危険なのでオススメしません)。

広い領域に渡った診療が必要と言われますが、私が経験しただけでも、内科、小児科、整形、外科、耳鼻科、皮膚科、眼科、産婦人科など、様々な診療科にまたがる患者さんに出会いました。

今日は美容外科のお話です。

私は、縫合はできますが、完璧に傷跡を残さずに切って縫う技術には自信がありません。美容外科のトレーニングを受けたわけでもありません。

そんな私が、まさか美容治療をすることになるとは思いもしませんでした。

皮膚がんの疑い!?しかし、患者さんにとっての関心ごとは・・・

患者さんは、何があっても島でできる医療以上のことはしない、島を出ないという高齢のおばぁでした。

徐々に食が細くなって、通常であればまず消化器がんを否定するために内視鏡をしようとかCTをとろうとか、そんな場合も「できるだけ、それ以上はいいよ」という方でした。

徐々に衰弱していく中でケアをしていると、ある時おばぁの顔に大きな腫瘤ができました。

うーん、ホクロかな?イボかな?とか思いながら見ていたら徐々に大きくなってくる…

離島医師としては露光部でもあり一部潰瘍形成も認め、基底細胞癌や有棘細胞癌など皮膚がんの可能性も考えました。

「うぅーん、これは皮膚科に紹介」と思ったものの、これまで状態が悪くなっても島でずっと診ていた方でした。

島医者としては重症患者を島で見ている時も気が重くなりがちですが、それ以上に重病“かもしれない”患者が島にいる時の方が、ストレスがかかるものです。

いくら“島であらゆる疾患の患者さんを見る”と言っても、一人島医者は一般にがんの根治的切除は行いません。しかし、彼女は切ってくれと言います。むしろガンであるか否かは気になさっておられない様子。

私は少しびっくりして、しかしその後非常に納得しました。

よく考えたら、さんざん衰弱してこのまま命を落としても構わないとおっしゃっていた彼女の場合、心配していたのは皮膚腫瘤が命を奪うことではなかったのです。

患者さんが気にしていたのは、自分の命の危険性ではなかった

周到にこの世の整理、あの世の準備をされていた患者さんにとって何より気にかかるのは、そのビジュアルであったのです。

素敵な笑顔をされる方でしたから、遺影には困らないだろうと思ったのですが、彼女は「こんな顔じゃぁあの世にいけないよ」とおっしゃるのです。よくよく話を聞いてみると、お母さんや家族にあの世で再会するにあたって、綺麗な顔でいたい。そう考えられていたようです。

介護の現場で、認知症の高齢者に対して介護者が語る赤ちゃん言葉はしばしば議論の種となります。介護の現場に限らず、常に我々医療者、介護者は、知らず知らずのうちに患者や利用者をある“枠”にはめ込んでしまいがちです。

私にとってどうでもいいものが患者さんには重要な場合もあるし、その逆も然りです。20代の綺麗な女性だから重要だけど、高齢で寝たきりの人の顔が重要でないわけではありません。

私はメスと局所麻酔薬を持ってご自宅を訪問しました。おばぁは切除に伴う痛みを恐れていましたが、声をかけ、注射器を持つと神妙な面持ちで目を閉じました。そして、その方の顔面の真ん中にできた1.5cm大の腫瘤にえいやとメスを入れたのです。

速やかに切除すると、これまで波照間島の燦々とした日光の下、畑に出たり集落で暮らしてきたおばぁの年輪のように深く刻み込まれたシワに、私の稚拙な縫い傷はすっぽりと飲み込まれていきました。

私は、これは皮膚生検でもないし、がんの切除でもなく、間違いなく美容目的の手術だったと思っています。使い方を間違えると傷つけることもあるでしょうが、美容外科は人を救います。いや、医療すべてがそうでしょう。

結果的には日光角化症だったかと思いますが、気にしたおばぁが引っ掻いて、中心部が潰瘍のように凹んで出血していたようです。

その後すっかりご機嫌となったおばぁは顔じゅうのイボやホクロまで切ってくれ切ってくれ、と仰るようになり、その後複数のイボ切除をしました。今のところ、準備していたあの世に行く予定は当分なさそうです。

この記事を読んでいる人におすすめ

へき地医療の新着

第3回 初めてのドクターヘリ

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。 本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提...

2014/1/6

第2回 島医者、新しい職場で自分の医療レベルを見直す

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。 本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提...

2014/1/6

第1回 目指せへき地医療!? 私が“島医者”になったワケ

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。 本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提...

2014/1/6

第6回 患者中心の医療—すべての患者に直腸診を

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。 本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提...

2014/1/6

第5回 へき地における多職種連携―思いがけない医療リソース

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。 本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提...

2014/1/6

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13