1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護管理
  4. 看護管理・教育
  5. 看護師の労働環境
  6. 復職のための研修・相談も受けられる!10月1日より「看護師等の離職時等の届出制度」を開始

復職のための研修・相談も受けられる!10月1日より「看護師等の離職時等の届出制度」を開始

  • 公開日: 2014/1/6
  • 更新日: 2020/4/1

 

2015年10月1日より、看護師(保健師・助産師・看護師・准看護師)が離職時に個人の連絡先などをナースセンターへ届ける制度が施行されました。届出により復職時の支援を受けられるこの「看護師等の離職時等の届出制度」について解説します。


「看護師等の届出制」って?

厚生労働省は「看護師等の人材確保の促進に関する法律(看護師等人材確保法)」の改正により、看護師等の離職時等の届出を努力義務とする制度を2015年10月1日より開始しました。

女性が多い仕事柄、出産育児でそのまま働かなくなってしまうケースもあり、免許を持ちながらも仕事をしていない潜在看護師等は約71万人と推計されています。

その一方で社会は高齢化が進み、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上になると見込まれ、今後、医療・介護サービスへの需要はさらに増えていくと予想されます。

ここ10年間、毎年約3万人ずつ増えてきた就業看護職員は2013年で約157万人ですが、2025年には約200万人必要になると試算されており、厚生労働省はさらに看護職員を確保していく必要があるとの考えています。

そこで、潜在看護師等に再び看護の仕事へ意識を向けてもらうために、「看護師等の届出制度」が創設されました。都道府県ナースセンターが、離職した看護師等とのつながりを保ち、看護に関する情報提供や復職研修、就業相談などの支援を行います。

「ナースセンター」って?

看護師等人材確保法に基づき、中央ナースセンターは日本看護協会が厚生労働大臣から、都道府県ナースセンターは都道府県看護協会が都道府県知事から、指定を受けて運営しています。都道府県ナースセンターでは、看護師等が切れ目のないキャリアが積み重ねられるよう、復職や就業等の様々な支援が行われています。

看護師にとってのメリットは?

無料の職業紹介や復職に向けた研修などの就業支援が受けられます。

免許を持ちながらも看護に携わっていない方、子育てなどのでお仕事を中断している方でお仕事に戻るのに不安がある場合など、専門の相談員が丁寧にご相談にのります。

どうやって届出を出すの?

看護師等の届出サイト「とどけるん」から必要事項を入力して登録できます。または都道府県ナースセンターへ届出票を提出することで登録できます。

↓コチラからどうぞ

サイト紹介

問い合わせ先

中央ナースセンター

電話:03-6704-8800(9時~12時・13時~17時、土日祝日を除く)

この記事を読んでいる人におすすめ

看護師の労働環境の新着

知らなきゃ損する?看護師の「年収の壁」

子育てがひと段落した方や、ブランク明けの方でも働きやすいのが、非常勤という勤務形態です。非常勤で働く人が気をつけるべきとよく言われるのが、「103万円の壁」と「130万円の壁」。 ただ、それ以上稼いだ場合でも、家計へのダメージは意外と少なかったり、長い目で見るとむし...

2018/9/29

ナースの本音アンケート 本音vs建前★ナースの退職理由

65%が「建前の理由で退職」経験あり そもそも退職理由を全て正直に話す義務はないけれど、人手不足で引き留めに合うことが多い看護師。「一身上の都合」でスムーズに退職できない環境では「ある」が多数派になるのは自然かも…。そんな「ある派」が伝えた、建前の退職理由っ...

2017/1/13

ナースの本音アンケート 看護師の平均の残業時間は?

看護師の平均の残業時間は? 看護師不足・看護師の業務過多が一部で深刻になってきています。 2001年、2007年に起きた看護師の死亡事件が昨年10月に双方ともに裁判で過労死と認定されるなど、命にかかわる問題となっています。厚生労働省では特別な理由が無い限り、月の残業...

2017/1/6

消費税アップ! ナースはどう受け止める?

社会にあふれている様々な情報を、ググッ!とナースの暮らしに近づけてみましょう。 第1回は、「ナースは、消費税アップをどのように受け止めたらいいか?」について考えてみました。 増税直前の駆け込み消費はムダを生む? インスタントコーヒーや素麺などを大...

2014/1/8

残業代ゼロ時代到来? 看護記録でナースの職場環境を守ろう!

残業代ゼロ? 気になるその内容 「残業手当がなくなる」と報じられている「ホワイトカラー・エグゼンプション」。ナースは、ただでさえサービス残業が多いので、動向が気になっている方も多いのではないでしょうか。 残業代については、「法定労働時間(1日8時間、週40時間...

2014/1/8