1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第31回 メンズナースのご指名入りました!

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第31回 メンズナースのご指名入りました!

  • 公開日: 2017/10/27
  • 更新日: 2020/3/26

 

今回、ご紹介する利用者さまは、ご自宅で一人暮らしをされている60代女性Nさん。「家で暮らしたい」と強い意思を持つものの、認知症でアルコール性肝硬変もあるため、一人暮らしのリスクは大きい。利用者さまの意志を尊重した支援を考える。


求む! メンズナース

N様は認知症で、ご自宅にてお一人で暮らしている60代女性である。ある日、大きな総合病院から電話を頂き、そこからケアプロとN様とのお付き合いが始まった。

「男性の看護師で訪問看護してくれるところを探しています。ケアプロは男性ばかりと聞きましたが、本当ですか?」

確かに男性が多いのだが、もちろん女性もいることをここでは強調したい。ただ、多くのステーションに比べると、男性看護師は多く、ケアプロの特徴になっているようだ。ところで依頼はこうだ。

「訪問看護をお願いしたいのですが、N様が女性看護師だと落ち着かなくなってしまいます。本人は女性なのですが、男性看護師の対応が望ましいのです」。すぐに退院調整とご挨拶のために病院へ伺った。

“家で暮らしたい”気持ちを尊重

N様はアルコール性肝硬変があり、喫煙歴もあった。退院後、おいしそうに煙草をくゆらせている姿が印象的であった。一人暮らしであるため、飲酒の再開、タバコによる失火のリスクがあり、在宅生活は一時的なものとし、施設入所を目指すという意見がチームからは強くあった。

しかし退院後、入院中に比べ、中核症状や周辺症状は目立たなくなっていた。また、「私は家で暮らしたいの」とはっきりとした意思がN様にはあった。

リスクを乗り越えて

確かに、多々リスクはあったが、N様の意思を尊重するため、”禁煙をすること”と”お酒を飲まないこと”の二つのルールを設定。この二つのルールを守れない場合は、家で暮らすことが難しいかもしれない、だから一緒に頑張りましょう、と指切りをし、同じ目標を目指した。

結果、彼女は禁煙をし、飲酒を再開することもなく、今でも家で暮らすことができている。もちろん、リスクが顕在化するときがあるため、ヘルパーやケアマネージャーと逐一連携を取りながら、引き続き家で暮らし続けられるよう、サービスを提供している。

高齢者や持病をお持ちの独居の方が増える時代にあり、地域での大きな課題になっているが、少しでも家で暮らしていきたい方を支援していくために日々精進するのみである。

利用者さまのお宅へ訪問するため 自転車で移動する田川さんの写真

利用者さまのお宅へ訪問するため 自転車で移動する田川

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29