1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第24回 訪問看護師、栗原の挑戦

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第24回 訪問看護師、栗原の挑戦

  • 公開日: 2018/2/9
  • 更新日: 2020/3/26

 

今回の主役は、”ケアプロ訪問看護ステーション東京”の訪問看護師・栗原房江だ。栗原は小学生の頃に感音性の聴覚障害と診断された。その後、状態が悪化し、2010年に両耳の聴力はほぼ失われた現在は右耳に耳かけ型補聴器を、左耳に人工内耳を使用しながら、訪問看護師として勤務している。 さまざまな壁とぶつかりながらも、自分の好きな看護の道で生きることを諦めない彼女に、その半生を語ってもらった。


絶対的欠格条項という壁

私は小さい頃から病気がちで、幼い頃の記憶には「寝込んでいたこと」が多くあります。つらい時なぐさめてくれたのは、祖母や看護師さんでした。そこでもう3歳の時には、「看護師になる!」と決めていたんです。しかし、その後小学生の頃に、感音性の聴覚障害と診断されました。

進路選択の時期になっても、看護師になりたい気持ちは変わっていませんでした。ですが、看護師には絶対的欠格条項(目がみえない者、耳がきこえない者、口がきけない者には看護師免許は与えない)があることを知り、公立の看護学校からは受け入れられないかもしれないと周りから言われたため、私立の看護学校へ入学しました。

その頃は、看護師免許を取れるのか、わかりませんでした。ちなみに、看護学生時代の聴力障害は現在よりも軽かったのですが、病院実習や学内演習のときは聴こえづらいことも増え、そんなときに教員から「医療ミスを起こしかねない」と言われたりして、諦めて他の職業にしようかと思ったこともありました。

一方、看護学校時代は4年間、実習病院のホスピス病棟でボランティアをしていて、その経験から「看護師を一生の仕事にしたい」と、さらに看護師への憧れも強くなりました。 何といっても、3歳の頃から看護師になると決めていたので、「耳が聴こえないから諦める」という気持ちになれなかったのです。 また、さまざまな人に出会い、話を聞く中で、海外では私と同じような境遇の人も看護師として働いている事例がたくさんあることを知りました。

「看護は世界共通なのに、日本の決まりに自分を合わせなければならない」ということが納得できませんでした。その後、私が受験する前年の夏に、欠格条項は絶対的から相対的なものへと改正され、相対的法規のもとに国家試験を受験することができ、無事、看護師免許を取得しました。

全ての人に必要な合理的配慮

病院に就職してからのプレッシャーは、看護学生時代とは比較にならないものでした。 申し送りの声、医療機器のアラーム、血圧測定等、聴こえない場面に直面することも増えました。最もショックを受けたのは、亡くなる直前の患者さんの訴えが聴こえなかったことでした。

こんな状況について、管理者へ相談し、「あなたにだけ特別な配慮をするわけにはいかない」と言われたこともありました。雇用側は、職員配置基準のもと、看護師を駒のようなものとしかみていないように感じられる場面もあり、各自の個性、特徴、人生は考慮しづらい。雇用側の求める働き(それも超過勤務や少人数夜勤等、厳しいもの)への対応が難しい看護師は、やがて適応困難を生じるように思えてなりません。

これは障害をもつ看護師に限った話ではなく、介護や育児等のために、各自の時間を職場へ多く注げない看護師はたくさんいるのではないでしょうか。そんな看護師たちもきっと同じような言葉をかけられていると思うと、居たたまれません。

昨年、数千人から万単位と推測される看護師が、疾患や障害を理由に離職しているというデータをみました。 なかには、自助努力以外に周囲から適切な支援や配慮がなされていれば、働き続けられたケースも多くあったのではないでしょうか。長年の看護師不足に加え、少子高齢社会の今、雇用条件のハードルを下げ、より寛容な働き方を許容する仕組みを創ることが重要だと思っています。

※次回も栗原さんのインタビュー、看護師として働くエネルギーについて、水曜配信です。

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29