1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. ナースへのエール
  5. 第1回 ナース、はじめの一歩!

【連載】新人ナースへのエール!

第1回 ナース、はじめの一歩!

  • 公開日: 2018/3/2
  • 更新日: 2020/3/26

 

新人ナースに贈るエールの第1回は、最前線で不妊治療に取り組む「はらメディカルクリニック」院長の原利夫さん。「究極の自己犠牲」が座右の銘という原さんが、ナースに送るエールとは――。


ナースという仕事

ナースは、”白衣の天使”といわれますが、現代社会に降りてきた天使が、今まさに天使として羽ばたく日を迎えています。

誰にとっても社会人になり、職業を選択することは、非常に難しい判断と言えます。自分の適性、能力、やりたいこと、生き方、将来の不安など、本当の自分との内なる会話は、不安がいっぱいです。

現代の大学生の多くは、何がやりたいとかの具体的な目的もなく就活に入るため何十社もエントリーしたり、まったく違う業種を応募したり、目的があいまいなまま社会人となります。ですから、最近の総務省の統計によりますと、就職3年以内の離職・転職率は30%を超える状態だそうです。

そんな社会情勢の中、ナースという職業・医療業界で働くという目的意識を持つことは、人間形成で半歩前に出たと言えます。もちろん、ナースという職業に迷いや不安を感じることはあると思います。当然のことです。特に最近は、「自分探し」がかっこいい流行ですから、どうしても「これでいいのか、自分のやりたいことはこれなのか?」と思われると思います。

そんな時の、考え方のヒントをひとつご紹介しましょう。

「夜と霧」の著者E・フランクルは、「社会が自分に何をしてくれるかではなく、自分が社会に何が出来るかを考えるべきだ」と述べています。つまり、社会に貢献するということが、人としての生きる姿だということです。

※次ページでは「ナースの成長」についてお話します。

この記事を読んでいる人におすすめ

ナースへのエールの新着

第4回 ナースの仕事は気苦労ばかり? ~仕事と人間関係~

今回のエールは、緩和ケアチームで患者さんの心のケアに携わっている臨床心理士の鈴木雅子さんから。臨床心理士からみる、ナースの職場の現状と、ストレスフルな環境の中での上手な人間関係の作り方を紹介します。 働く人の悩み どの仕事にも辛いことや悩みは色々ありま...

2017/12/8

第3回 後輩ナースへのメッセージ

今回は、聖路加看護大学教授、森明子さんからのエールです。助産師として勤務の後、看護大学で教鞭をとり、多くの看護師を世に送り出してきた森さん。ご自身の新人ナース時代を振り返りつつ、後輩ナースへ伝えたい"大切なこと"とは? 先輩方のサポートが道しるべに 大...

2017/11/17

第2回 ようこそ新人ナース・贈る言葉

第2回は、渋谷区医師会附属看護高等専修学校名誉校長の高見沢裕さんです。多くの看護学生を育成、医療現場に送り出す一方で、院長として新人ナースを迎える立場でもあります。ご自身が苦しいときに乗り切る力をくれたという、大切にしている言葉を紹介してくれました。 新人ナ...

2017/10/20

第8回 健康管理、できていますか?

新人ナースにとっては、現場の仕事に慣れてきた反面、心身の疲れが溜まってくる頃ではないでしょうか。睡眠不足や気力の低下は、仕事上のミスにつながりかねません。今回のエールは、産婦人科医の篠原洋介さん。ナースが心掛けたい健康管理についてのアドバイスです。 健康管理...

2017/9/8

第7回 ナース辞めますか?

5月に入り、理想と現実のギャップに悩み始める新人もいるのではないでしょうか? 「私は看護師に向いていなかったかも」「もう辞めてしまいたい」――。そんな思いを抱えてしまっている新人ナースへ、臨床心理士の平山史朗さんからのエールを届けます。 "看護師の適性"ってなんだろ...

2017/8/18