1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. 看護師インタビュー
  5. 第2回 ナースが楽しいと思ってくれることが仕事の活力

【連載】認定看護師インタビュー

第2回 ナースが楽しいと思ってくれることが仕事の活力

  • 公開日: 2019/11/8
  • 更新日: 2020/3/26

 

専門看護師を目指したきっかけ

看護学校の在学中に出会った患者さんの影響でがん看護に興味を持ち、がんの専門病院に就職しました。在職中に色々な経験をして、9年目に放射線治療部門に配属されました。その時、がんの専門病院に10年近くも在職しながら放射線治療やその看護のことが分かっていない自分に愕然としました。

そして、当時は看護師向けの放射線治療に関するセミナーや書籍もなかったのですが、積極的に講習会などに参加したり、医師や診療放射線技師向けの書籍を読むことで勉強しました。さらに、医師や診療放射線技師、先輩看護師など、たくさんの方々に色々なことを教えてもらいました。

また、アメリカに4週間の研修に行く機会にも恵まれ、がん看護専門看護師の多様で専門的な働き方を知り、自分もがん看護専門看護師を目指すきっかけになりました。

資格取得までの道のり

アメリカの研修から帰国後、仕事を続けながら通信制の大学で学位を取得しました。予備校で小論文と英語の勉強という大学院修士課程への進学準備の努力が実り、退職して進学しました。大学院では、教員の先生や先輩方、仲間のおかげで素晴らしい経験をさせてもらったと思っています。そして、在学中に妊娠・出産を経験し、半年間の休学を含めて通常より長い、3年で卒業しました。

修士課程を終了後、専門看護師認定試験の要件には1年間の臨床経験(2009年度から半年に短縮)が必要となります。私は、「地域に根ざした医療」と「患者さんに寄り添う看護を提供する」という理念、保育園が併設されているという状況に惹かれて、現在の東邦大学医療センター大森病院への再就職を決めました。

その後、スタッフナースを含めた看護部の方々、色々な診療科の医師、診療放射線技師、薬剤師、MSWなど多くの方々と一緒に仕事をする中で経験を積み、2008年11月にがん看護専門看護師の認定を受けました。

看護師インタビューの新着

第9回 目指すは“カッコ良い”看護師【 医療法人 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 実は今まで看護師を目指したきっかけを、内緒にしてきたんです。でも自分の中で考え方が変わったので、今回は本音をお話します。私が看護師を目指したきっかけ……それは『ベン・ケーシー』という、医療関係の海外ドラマへの憧れです。急患が運ばれ、手術室の扉...

2020/2/7

第8回 患者さん一人ひとりの心と、対話をするように寄り添う【医療法人社団 明芳会 新戸塚病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 小さな頃は保健室の先生になりたいと思っていたんです。学校で体調が悪くなって保健室に訪れた時の安心感や、先生がずっと傍に付いていてくれたという信頼感がずっと印象として強く残っていたんですよ。その時の想いは、将来を考え始める年齢になってもブレませ...

2020/1/31

第7回 迷ったときは相手の立場に【小田原市立病院 看護部長/副院長】

看護師を志したきっかけ きっかけは自分の意思ではないのですよ。母が看護師という仕事に憧れていまして、それはもう熱狂的にすすめられたのです。看護学校では自分の意思で「看護師」を選んだ人がほとんどでしたので「これで良かったのかな、自分で選んだ道じゃないのに」…ってどこか...

2020/1/30

第1回 看護師自身の感性や価値観を高めることが大切

がんが引き起こす痛み 患者さんの中には、痛みに関して我慢する事が美徳だ、という考えを持っている方がいらっしゃいます。特にご年配の方に多い印象があります。痛みの程度や感じ方は人によって違うため、痛みを我慢していることになれている人は、つい我慢をしがちです。しかし、痛み...

2020/1/24

第6回 看護の根底、それはズバリ“愛”【医療法人社団青葉会 牧野記念病院 看護部長】

看護師を志したきっかけ 「何かの資格を持って、ずっと仕事をしていたい」という思いがいつもありました。そうして働ける職業の選択肢として、学校の先生か看護師さんになれたらな、と思っていたんです。最初は、小さい頃から憧れていた小学校の先生への道を志しました。 だけど...

2020/1/17