1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. まなび
  4. 国試直前の振り返り!必修問題1問1答:スケール

国試直前の振り返り!必修問題1問1答:スケール

  • 公開日: 2020/2/13

 

[国試]必修問題1問1答

Q. 褥瘡発生の予測に用いるのはどれか。(第107回看護師国家試験より出題)

1.ブリストルスケール
2.Borg〈ボルグ〉スケール
3.Braden〈ブレーデン〉スケール
4.グラスゴー・コーマ・スケール

答えは…

A.
1.(×)ブリストルスケールとは、便の性状分類である。便の形状と硬さによって7段階に分類される。
2.(×)Borg〈ボルグ〉スケールとは主観的運動強度(運動中のつらさの自覚的強度)を測るスケールで様々な運動療法を実施する際の指標となる。
3.(○)Braden〈ブレーデン〉スケールは褥瘡発生の予測に使用されるスケールである。[1]知覚の認知[2]湿潤[3]活動性[4] 可動性[5]栄養状態[6]摩擦とずれの6項目についてそれぞれ4段階で評価する。
4.(×)グラスゴー・コーマ・スケールは意識障害の評価方法であり「開眼」「言葉応答」「運動機能」の3つについて点数化する。正常は15点満点。

この記事を読んでいる人におすすめ

必修問題1問1答の新着

国試直前の振り返り!必修問題1問1答:嚥下に関わる神経

[国試]必修問題1問1答 Q. 嚥下に関わる脳神経はどれか。(第107回看護師国家試験より出題) 1.嗅神経 2.外転神経 3.滑車神経 4.迷走神経 答えは… A. 嚥下に関わる脳神経は迷走神経と舌咽神経である。 ...

2020/2/13

国試直前の振り返り!必修問題1問1答:労働安全

[国試]必修問題1問1答 Q. 労働安全衛生法に規定されているのはどれか。 (第108回看護師国家試験より出題) 1.失業手当の給付 2.労働者に対する健康診断の実施 3.労働者に対する労働条件の明示 4.雇用の分野における男女の均等な機会と待...

2020/2/12

国試直前の振り返り!必修問題1問1答:老年期の特徴

[国試]必修問題1問1答 Q. 老年期の身体的な特徴はどれか。(第107回看護師国家試験より出題) 1.総水分量が増加する。 2.胸腺の重量が増加する。 3.嗅覚の閾値が低下する。 4.高音域における聴力が低下する。 答えは… ...

2020/2/12

国試直前の振り返り!必修問題1問1答:緑内障の禁忌投与

[国試]必修問題1問1答 Q. 緑内障患者への投与が禁忌なのはどれか。(第108回看護師国家試験より出題) 1.コデイン 2.アスピリン 3.アトロピン 4.フェニトイン 答えは… A. 1.(×) 2.(×)...

2020/2/11

国試直前の振り返り!必修問題1問1答:悪性腫瘍の特徴

[国試]必修問題1問1答 Q. 良性腫瘍と比較して悪性腫瘍でみられる特徴はどれか。(第107回看護師国家試験より出題) 1.被膜がある。 2.遠隔転移する。 3.周囲組織に浸潤しない。 4.増殖速度が緩やかである。 答えは… ...

2020/2/11

まなびの新着

第110回看護師国家試験(2021年)-解答速報公開中!

.entry-content { width: 100%; } \看護学生の友だちにシェアしてね/   学生のみなさん、国試お疲れさまでした!第110回看護師国家試験(2021年)の解答を公開中です。 解答速報を見るにはナース専科の会員になることが必...

2021/2/9

第111回 看護師国家試験 応援プロジェクト

  ナース専科では、看護学生の皆様の【全員合格】を応援する第111回看護師国家試験応援プロジェクトを開催します!最終学年の皆様はもちろん、再来年に国試を控える皆様も一緒にスタートしましょう!   今年の応援ラインナップ 国試直前の振り返り!...

2020/10/19

第111回看護師国家試験対策|1問1答【解説】

div#contents {width: 100%;} @media screen and (min-width:769px){div#primary {float: left;width: 625px;}}.entry-content {margin-top: 0;}a...

2020/9/29

5年ごとに改訂されている血圧の基準値。高血圧症のおさらい

高血圧症 読み方:こうけつあつしょう   高血圧症とは 繰り返して測っても血圧が正常より高い場合のこと。最高血圧が140mmHg以上。あるいは、最低血圧が90mmHg以上。 分類 本態性高血圧症 原因の判らないものをいい、高血圧症の約9...

2020/4/10

どこが塞がれるかで症状が違う!脂肪塞栓症とは

脂肪塞栓症 読み方:しぼうそくせんしょう   脂肪塞栓症 骨髄の中にある脂肪が、骨折などが原因で血液中に入り、脳や肺など全身の細い血管に詰まり障害が起こること。コレステロール塞栓症とも呼ばれる。 肺動脈に詰まって肺塞栓を起こすことが多い。稀...

2020/4/8