まなび

看護師国家試験対策

【在宅看護論2】過去問で看護師国家試験対策!要介護2の在宅療養者が介護保険で利用できるのは?

2019/4/1

過去13年分の看護師国家試験の問題から分野別に10問をピックアップして出題!

今回の出題分野は…

在宅看護論

在宅中心静脈栄養など、在宅での家族も含めたケアを復習!

無料会員登録をすると解答と解説も確認できます。なぜその答えなのかも正しく理解していきましょう。

それではさっそく問題を解いていきましょう!

第1問

50歳の女性。末期癌で疼痛管理のため入院しているが在宅療養を希望している。看護師の家族への退院指導で適切なのはどれか。

第2問

要介護2の在宅療養者が介護保険で利用できるのはどれか。

第3問

在宅療養者と家族に関わる訪問看護師の基本的な対応で適切なのはどれか。

第4問

80歳の女性。自宅で療養中。ADLはほぼ自立しているが,動作に時間がかかり,時々尿を漏らしてしまう。「トイレに行きたいが,廊下を汚してしまう」と言う。指導で最も適切なのはどれか。

第5問

ターミナル期にある療養者の家族に対する予期的悲嘆への援助で適切なのはどれか。

第6問

在宅酸素療法中(1L/分 24時間)の1人暮らしの高齢者が散歩を希望している。選択する機器で最も適切なのはどれか。

第7問

在宅人工呼吸療法の日常の管理で,療養者および家族への指導で適切なのはどれか。

第8問

在宅中心静脈栄養法(HPN)が必要な療養者とその家族。看護師の退院指導で適切なのはどれか。

第9問

40歳以上64歳以下の在宅療養者で介護保険のサービスを利用できるのはどれか。

第10問

在宅看護の原則として正しいのはどれか。


無料会員登録をして
解答と解説を確認しましょう。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、解答と解説は↓2ページ目↓で
1 2

看護師国家試験対策の新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索