まなび

看護師国家試験対策

【疾病の成り立ちと回復の促進3】過去問で看護師国家試験対策!降圧利尿薬により血中濃度が低下するのはどれ?

2019/4/1

過去13年分の看護師国家試験の問題から分野別に10問をピックアップして出題!

今回の出題分野は…

疾病の成り立ちと回復の促進

解剖生理学を意識しつつ、疾病のメカニズムを復習!

無料会員登録をすると解答と解説も確認できます。なぜその答えなのかも正しく理解していきましょう。

それではさっそく問題を解いていきましょう!

第1問

鉄欠乏性貧血の症状または所見として考えられるのはどれか。2つ選べ。

第2問

味覚障害の原因はどれか。

第3問

間欠性跛行が出現するのはどれか。

第4問

胃がんについての組み合わせで正しいのはどれか。

第5問

腎盂腎炎について正しいのはどれか。

第6問

Aさん(42歳男性、事務職)は仕事中に居眠りをすることが多いと上司に注意されていた。Aさんの睡眠時間は7時間であり寝つきはよいが、毎朝寝不足と頭痛を感じていた。最近いびきがひどいと家族から指摘されて受診した。Aさんは身長165cm、体重81kgである。最も考えられるのはどれか。

第7問

慢性腎臓病の説明で正しいのはどれか。

第8問

日和見感染の起炎菌はどれか2つ選べ。

第9問

降圧利尿薬により血中濃度が低下するのはどれか。

第10問

肺癌について正しいのはどれか。


無料会員登録をして
解答と解説を確認しましょう。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、解答と解説は↓2ページ目↓で
1 2

看護師国家試験対策の新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索