コラム

ナースの転職知恵袋

精神疾患で退職…病気のこと、面接で伝えるべき?

2018/9/5

『ナースの転職知恵袋』とは、ナース専科を運営する(株)エス・エム・エスキャリア提供の転職支援サービス「ナース人材バンク」より、はたらくに関する役立ち情報をお届けするコンテンツです♪

9188f7fb0d67f6d783a1878e623f94fe_s

看護師だって人間。時には大きな病気にかかるようなこともありますし、精神的に参ってしまい退職を余儀なくされることもあるかと思います。

体調も戻り、いざ復職したいと思った時。
面接で病気のことは伝えるべき?なのでしょうか?

 

病気のこと面接でどこまで伝えるべき?

a57181effebf4bf61c5d98912e481920_s

例えば、うつ病になってしまった場合、面接時に病気のことを伝えてしまうと、不合格になってしまうのでは?と心配される方も多いと思います。

しかし、病気のことを隠して入社したとしても、後で病気が発覚した時に余計に怒られるのではという心配もあります。

面接の際に病気のことを伝えた方が良いのか、伝えない方が良いのか…実際のところ、どちらの方が良いのでしょうか?

documents-security 既往歴は個人情報

この問題ついて考える上で、まず押さえておくべきポイントは、既往歴(これまでにかかった病気の記録)が個人情報に該当するという点です。

つまり、既往歴を伝えるかどうかは、その人自身の意向次第であると言えます。特に、病気は機微な個人情報ですので、伝えたくなければ伝えなくても構いません。

ただし、入社後に病気によって勤務に支障をきたす可能性がある場合、病気のことを面接時に伝えないことは、やはり正しい方法ではありません。

woman 時には面接時に相談も

仮に、病気のことを隠して入社したとしても、入社後の健康診断で発覚しますし、精神的な病気であったとしても、再発する可能性がゼロだとは言い切れません。

後で発覚して揉めるのは避けたいもの。勤務に支障をきたす可能性がある場合は、やはり、面接の時に病気のことを正直に伝えておいた方が良さそうです。

ただ、正直に伝えることで不利になるのでは?という疑問は残るかと思います。この問題については、どのように対応するべきでしょうか。

pencil 診断書を用意しよう

面接時に、口頭で「病状が落ち着いているので大丈夫です」と伝えたとしても、採用側としては「本当に勤務に支障が無いのか」不安が拭えないのが正直なところ。

そのような場合は、事前に医療機関を受診し、医師の診断書を取っておいて、面接の時に、履歴書や免許証と一緒に提出することをお薦めします。現在の病状と、勤務に支障が無い旨が記載された診断書があれば、採用側もその書類を判断材料として、安心して採用することができます。

 

体調の優れない間はしっかりと休息を

今回は、「病気のこと、面接時に伝えるべき?」というテーマでお伝えしてきました。

一番の理想は病気のことを伝え、双方合意の上で、採用して頂くことだと思います。

見方を変えると、病気によって勤務に支障が出る可能性があるのなら、無理して復職せずに、しっかり休息を取ってから復職した方が良いとも言えます。

無理して復職をしたものの、早期退職が続いてしまうと、履歴書上で短い職歴が続くため、将来受ける面接でも悪い印象を与えかねません。

やはり、健康が第一。体調が優れない時はしっかり休息を取って、万全の状態で仕事に臨みたいものです。

 

記事提供
logo_chiebukuro

ナースの転職知恵袋は、看護師求人のNo.1*サイト「ナース人材バンク」の姉妹サイトです。看護師転職お役立ち記事や医療ニュースを配信中!*2012年エス・エム・エス調べ

※外部サイトからの提供記事に掲載されている情報が正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、最新のものであるかどうか等につきましては、一切保証するものではありません。 また、これらの情報を利用すること、または利用できなかったことに起因するいかなる損害・不利益に対し、当方はなんら責任を負うものではありません。

他の記事も読む
他の記事も読む

ナースの転職知恵袋の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索