エッセイ

ナースのちょっとイイ話

減塩指導が妊婦さんに効果がなかった理由

2017/4/26

テーマ:ナースとして経験を積むことで変化した考え

正しいことだけがいいとは限らない

tadasii

医学的には正しくても

医学的に正しい知識を伝えるだけでは、患者さんの行動変容につながらない。 例えば一人の妊婦さんへの保健指導の場で、体重増加や高血圧のために栄養指導を行うときに、一般的な知識を説明しても効果が低いことが多いです。 なぜなら生活方式、知識、価値観、経済力、宗教、などが異なるからです。

減塩指導が妊婦さんに効果がなかった理由

以前わたしが経験した妊婦さんは、指導の効果が全くでませんでした。 そこでご本人と話して掘り下げていったところ、料理をしたことがない、自宅には調理道具が全くない、電子レンジのみ。すべて外食か買ってきたものを食べているスタイルでした。 夫も食に無関心。いくら減塩の調理の工夫なんて話してもきっと本人にしてみたら、「なに話してるんだろこの人?」くらいのかんじだったでしょうね。 以前の考え方では、知識の押しつけに過ぎなかったんだ、ということに気がつきました。
●執筆●LES さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。 あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索