編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

病院にまったく危機感がない!看護師の感染リスク

2016/9/16

現在、5年目の看護師です。
前職では、マスクやゴーグルやディスポのエプロンは、病院が準備してくれていたのですが、今の職場は、マスクは自前で準備してくださいと言われました。ゴーグルは装着したいと伝えると笑われました。ディスポのエプロンもサクションで使おうとするともったいない!あなたは、コストの認識がないと言われました。
インフルエンザもノロウイルスも、おかまいなく入院してきます。疥癬患者もいます。内科病棟で、肺炎やレスピ患者も多く、サクションは一日に受け持ちによっては、何十回もすることがあります。

私達の安全は守られてないように感じてしまいます。自前はスタンダードなのでしょうか?

職場内の感染対策は、看護師自身を守ること、ひいては患者さんを守ることに繋がります。ただでさえ様々なウイルスが飛び交う環境の中、感染源から身を守るために必要なことは多々あります。なのに、最低限の防御すら許されない…?
みなさんの職場の感染管理、大丈夫ですか?

感染対策、みんなの職場は…?

■「自前で準備」どころか「禁止」も

首都圏の中小病院で働いています。処置もオムツ交換も、素手、マスクもなにもないです。個人で買おうものなら、そういうものを装着するのは、患者に失礼と言われました。スタッフが、感染したらどうするのか?と、尋ねたら、上司からは、個人の責任、労災にせず、個人で自費で治療してくれ、と言われました。

マスクはペラペラの紙マスクしか買ってもらえないので、サージカルマスクは自前らしいです。手違いでサージカルマスクが納品され、たまたま病棟にいた看護部長に見つかり速攻で回収命令。業務用ではなく私物として持ち帰るスタッフがいるから使わせ無いんだそうで…それって業務上横領でしょ?と呆れてしまいました。

マスクは全職員に準備されるが、ディスポのエプロンは使用していいのが、唯一バルーン挿入中の患者の尿を破棄するときのみ!陰洗の際は手袋二重なんておろかディスポのエプロンはコストの面から禁止です…

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

関連するキーワード

検索