1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 新生児・小児看護
  5. アロマ・ハーブ
  6. 第25回 夏バテ気味のときにおすすめのハーブ&アロマ(2)実践編

【連載】ナースの体調管理に役立つ! ハーブ&アロマケア

第25回 夏バテ気味のときにおすすめのハーブ&アロマ(2)実践編

  • 公開日: 2013/5/24
  • 更新日: 2020/3/26

 

今回は、前回の概要編でご紹介した「夏バテ気味のときにおすすめのハーブ&アロマ」の活用法をご紹介します。


夏バテ気味のときにおすすめの「ハーブ活用法」

ハイビスカスご飯

ハイビスカスと白米を炊き合わせると、キレイな淡いピンク色のご飯になります。塩むすび、リゾット、カレーライスに加えてもおいしくいただけます。食事で力をつけて、暑い時期を乗り越えましょう。

お茶碗に入ったハイビスカスご飯の写真

材料(2合分)

・ハイビスカスのドライハーブ 3g
・お米 2合
・水

作り方

1)お米をとぎ、炊飯器に入れて水を分量分加えます。
2)1)にハイビスカスを加えて軽く混ぜます。
3)ご飯が炊き上がって約15分ほど蒸らしたあと、底のほうからふんわり混ぜ合わせてできあがりです。
※ハイビスカスの出がらしを使用してもOKです。

ハイビスカスカルピス

エジプトの美を司る女神「ヒビス」から名付けられたハイビスカスは、現代においても女性の強い味方になりそうです。カルピスに混ぜるとピンク色のドリンクになって、女子力のアップにも。ハイビスカスの酸味とカルピスの甘味が絶妙にマッチする味で、夏バテ気味のときのリフレッシュにおすすめです。

グラスに入ったハイビスカスカルピスの写真

材料

・ハイビスカスティー 200ml
・カルピス原液 40cc
・氷 お好みで

作り方

1)ハイビスカスティーを作り、冷ましておきます。
※淹れ方は、第7回「ハーブティーの淹れ方」をご覧ください。
2)グラスにカルピスを注ぎ、氷を加えます。
3)2)にハイビスカスティーを入れ、よく混ぜ合わせてできあがりです。
※カルピスの分量はお好みに調節していただいてOKです。

ローズヒップゼリー

ビタミンCが豊富なローズヒップ。ハーブティーで飲用するほかに、夏にぴったりの冷たいゼリーも楽しんでみましょう。ローズヒップゼリーを細かくして、ヨーグルトに混ぜても相性抜群です。暑さで食欲がわかないときの栄養補給に試してみてください。

コップに入ったローズヒップゼリーの写真

材料(2~3人分)

・ローズヒップティー 200ml
・砂糖 大さじ2
・板ゼラチン 3g
・デザートカップ容器
※砂糖の代わりにハチミツを使うとよりヘルシーです。

作り方

1)ゼラチンを水に約3分ほど漬けておきます。
2)ローズヒップティーを作ります。
第7回「ハーブティーの淹れ方」をご覧ください。
3)鍋にローズヒップティーと砂糖を入れて混ぜます。
4)ゼラチンの水気を切り、鍋に加えて弱火でゼラチンを溶かします。
5)カップ容器に移し替え、粗熱を取り冷蔵庫へ入れて固まったらできあがりです。

夏ハーブティー

ブレンドティーのドライハーブは、2杯400mlに対してのティースプーンの分量です。表記は目安ですので、お好みに調整してお楽しみください。淹れ方は、第7回「ハーブティーの淹れ方」をご覧ください。

ハイビスカスとローズヒップをブレンドしたルビー色のハーブティーは、とてもポピュラーですね。そこにペパーミント、ヒース、サンニンを加えることで、口の中にほのかな甘みと酸味が広がり、夏らしいさっぱりとしたブレンドティーになります。

ブレンドティーの写真

ブレンドレシピ

ハイビスカス:0.5、ローズヒップ:0.5、ヒース:0.5、ペパーミント:0.2、サンニン:1

沖縄産ハーブティー

夏らしさをイメージして、沖縄の自生地では薬草・健康茶として知られるサンニンと、沖縄原産のゴーヤ、クミスクチン、うっちん(ウコン)を贅沢にブレンドしてみましょう。夏バテ気味のときに、ほっと一息つけるおすすめのハーブティーです。

沖縄産ハーブティーの写真

ブレンドレシピ

サンニン:1、ゴーヤ:0.5、クミスクチン:1、ウコン:0.5



次のページでは、夏バテ予防におすすめの「アロマ活用法」をご紹介します。

アロマ・ハーブの新着

第2回 統合医療における植物療法とその意義

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 ...

2014/1/4

第1回 ナースの体調管理に役立つ! ハーブ&アロマケア―医療と植物療法の歴史―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 医療の現...

2014/1/4

第4回 ハーブとアロマの基本―五感から人体へ働くフィトケミカル(植物化学)―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 医療の...

2014/1/4

第3回 ハーブとアロマの基本―フィトケミカル成分の人体への働き―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 医療の...

2014/1/4

第5回 ハーブとアロマの基本―安全に効果的に活用するために―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を単離・合成したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 ...

2014/1/4